スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

MT-07 レバー交換

以前からMT-07にはクラッチレバーの調整機能がないのが不満だったので交換してみた。
レバーなんて別にブランド品じゃなくても普通に使えるので安いやつ。
可倒式とかもあるけどふにゃふにゃして嫌いなので普通のにしました。


DSC_0220.jpg 割とちゃんとした箱に入ってた。

DSC_0222.jpg ビフォー  アフター DSC_0224.jpg

見た目もカッコよくなったしいい感じ。
精度も全く問題ないですね。普通にピタっと交換できました。

社外レバーなんて安いものなので純正が安っぽい車種は積極的に交換していきたいですね。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

腕時計買ったった  CITIZEN ATTESA AT8144-51E

突然、腕時計が欲しくなったので買ってしまった。
物欲って唐突にくるよなー、なんでだろ?

といっても欲しいのは高価な機械式とかではなく電波ソーラーなんですけどね。
いままではM700という割と初期のころのオシアナスを使ってたんですけど、流石に学生の時から使ってるやつだし、そろそろ三十路だから替えようかなって。
DSC_0228.jpg

安いのでいいのないかなーって探してたらあった。

カシオ リニエージ LIW-M610TDS-1AJF
これ凄い。なにがってこの値段でチタンにサファイアガラスなんですよ。

私は時計はチタンを選ぶことにしています。
チタンはステンレスの半分ぐらいの比重なのですごく軽い。
傷がつきやすいのと輝き?を出すのが難しいらしく、高級時計が必ずしもチタンというわけでもないらしいですが私はチタン派。
ステンに比べれば金属アレルギーも出にくいしいい素材です。

サファイアガラスは無機ガラスに比べ傷がつきにくい風防素材。
サファイアのようなガラス、ではなくガラスのようなサファイアらしいです。へー。

私はデイデイト表示(日付と曜日)も必要なのでクロノグラフを選ぶことが多いのですが、必要な装備がすべてそろって3万切るって想像してなかった。カシオすごーい。

買う気満々だったのですが、でもこれどこかで見たような、と思ってたら親父が同じのつけてた。
DSC_0226.jpg
親父のはステンレスモデルだったけど親子で同じデザインの兄弟機種を買うのは嫌すぎる。
それにオシアナスからリニエージに替えるというのもなんだかなぁということで泣く泣く却下となりました。

ではどうするか。
選択肢は
・カシオ オシアナス
・シチズン アテッサ
・セイコー ブライツ
といったところ。

ブライツだとSAGA197が候補に

もっともシンプルというか王道なデザインですね。

次にオシアナスはクラシックラインのOCW-T2600-1AJF

青がかっこいい。これぞオシアナスって感じ。

最後にシチズン アテッサAT8040-57EとAT8144-51E
 
兄弟機種なのでベースデザインや機能は同じです。
8040は王道デザイン。8144はタキメーターがつくのと赤がアクセントになっててかっこいいですね。


メーカー特色はどうだろうか。
カシオは電波受信地域が6地域あるのが強みですね。セイコーが5でシチズンが4なのでここはカシオが先行している模様。
シチズンとセイコーは耐磁機能がありますが、カシオはない。でもオシアナスの最新上級モデルにはついにつくみたいですね。
それとバンド長さ微調整機能がシチズンにはついてますが(フィットアジャスター)、カシオも最近の機種にはつけ始めた模様(スライドアジャスト)。これ地味に便利です。ちなみにセイコーにはないです。
チタンのコーティング技術は各社持ってるけど、なかでもシチズン(デュラテクト)が最も優れているらしい。

うーん、こうしてみると各社それほど大きな違いはないかな、と。

調べる前はセイコーが世界初のクォーツ式腕時計を発売した(クォーツショック)ということでセイコーが一番いいのかなと思ってましたが、ソーラー電波やチタンはシチズンが最初らしいですね。
カシオは後発ですが、こうしてみると決して他社にはひけをとってません。

迷いましたがまずブライツが落選。
他と比べ価格が高い割には他社より技術や機能が優れている部分が見つからなかったから。
それになんかブライツってブランドラインがよくわかんないんですよね。機械式だったりソーラー電波だったり、チタンだったりステンレスだったりで。アナンタとかフェニックスとか作っては消えてるし。ブランドが迷走してるイメージ。
最近はセイコー自身もアストロンのほうに注力しててブライツはあんまり力入れてない感じだし。
アストロンもいいなと思ったけど、高いのとケースデカすぎだったので諦めました。

残りの三機種はかなり迷ったけど、オシアナスはすでに所持しているので他社を使ってみたい。
アテッサのほうがケースが薄い。
それとアテッサブランドの誕生した1987年は私の生まれた年であることから、せっかくの?30周年ということで今回はシチズンにすることに。
なんだかんだでソーラー電波の技術ははシチズンがやや優位みたいですね。

AT8040-57EとAT8144-51Eでまた迷いましたが、赤針のかっこよさと8144のほうが少しだけ薄くて軽いので1万高かったけど8144にしました。
DSC_0227.jpg
長く使おう。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

NieR:Automata ニーア:オートマタ

話題のニーアオートマタをクリアしました。
 
結論から言うとめっちゃ面白かった。
久しぶりに名作と呼べるゲームだったかも。

実はFF15を発売日に買って序盤で放り投げてからというもの、自分はもうゲームに興味がないのでは?と思ったりもしたものだがそういうわけではなかったようだ。

面白いものは面白いね。

FF15って世間的にはどういう評価なんだろう?個人的にはただドライブしてるだけのゲームという印象だったが。

まぁFFはおいといてニーアはアクション良し、雰囲気良し、音楽良し、ストーリー良し、キャラ良しと全方位隙ナシ!

アクションはプラチナ製だけあって流石だね。スタイリッシュだけど難しくはない。
というかかっこいいんですよ、動きが。いちいちかっこいい。
佇んでるだけでもかっこいい。多分プレイした人は分かると思う。2Bのただ立ってるだけのかっこよさといったら。

シナリオのテンポもよくて、適度に謎をちりばめつつテンポよく話が進んでいくのでサクサク進めちゃう。
周回プレイ前提なのでこれは嬉しいね。

1週目は敵を倒して終わり。
2週目は1週目と話は同じなんだけど主人公が変わって敵の機械生命体の心情が断片的にわかるようになるんだよね。同時にこの世界の秘密が半分ほど明かされる。
3週目は1・2週目の続き。続きなんだから3週目っていうのはおかしいけど。正直3週目はキツかったな。話が重い展開になっちゃって、その頃になると完全にキャラに感情移入しちゃってるから気持ちが引っ張られてこっちまで暗い気分になる。

そいで終わった後はすごい感傷的な気分になる。謎は解けたけど未来はなかったみたいね感じでさ。
それでもEエンドはまだ救いがありそうな終わり方だったからよかったけど。

本当にこのゲームはすごい心が揺さぶられる。
演出もあわせてものすごく雰囲気づくりがうまいと思う。

みんな機械なんだけど、みんなそれぞれ「心」を持ってるんですよ。
アンドロイド、機械生命体、ポッド。それぞれの心の持ち方は違くて、それゆえお互いすれ違ってしまうんだけど、共通しているのはみんな純粋だってこと。
ロボットゆえの純粋さがプレイヤーの心に突き刺さるんだよねー。

オープンワールド?にしてはMAPがかなり狭いけど、個人的にはこれぐらいでちょうどいいと思った。

このゲームは絶対プレイしたほうがいい。
PS4タイトルとしては自分のなかではMGS5を抜いて一位です、はい。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ノートパソコン

今後必要になるかなと思ってノートPC買いました。
それにあたりいろいろ調べたので備忘録として書いておきます。

まず買ったのがこれ
Lenovo B41 80LG000KJP

税込みで48000円を切っていた。

結局サブ機なので安いやつでいいやと思ったのだが、3万以下のモデルはストレージがeMMCとかいう謎の規格で容量もせいぜいが32GB程度だった。しかも換装も出来ないらしい。
流石に32GBは使い勝手が悪すぎるだろうということで没。

3万~5万で探して他に見つかっためぼしいものがこれ。
HP 15-ba000">HP 15-ba000

価格.comでは(購入時点で)人気一位だった機種。
税込み35000円だがhpは送料必要なので実質38000円。

結局この二機種で迷うことになった。
なぜこの二機種なのかというとCPU性能に対して価格が頭一つ抜けて安かったから。
ノートのCPUは後から交換できないので重視するならそこだよね。

レノボはcore i3 6100U(skylake)。この価格帯だとi3でも一世代古い5005U(Broadwell)を搭載しているのが多い中で、この機種だけは最新のskylakeを搭載。これは一世代前の一つ上のランクであるi5 5200Uに近い性能を持つらしい。おお、いいね。

これに対しhpはAMDのE2-7110。
これはSkylakeのceleron 3855Uよりやや上の性能、二世代古いHaswellのi3 4010Uよりをやや下の性能を持つ。

うーむ。個人的な印象だと1.5ランクくらい性能が違う感じ。

CPU以外はたいして変わらないようだ。
レノボは14インチでhpは15.6インチであることくらいか。

ただ個人的にhpはあまりいい印象がないことと、hpはメモリやストレージの換装がやりにくい構造になっていることもあって今回はレノボにした次第。

で、届いたのだが本当に何にも入ってなくて草。
まともな説明書すら入ってない。webで勝手に確認しろということらしい。
もちろんプリインソフトもない。ノートでこのまっさらな感じは逆に新鮮だな。
しかも起動が遅い遅い。これはHDDのせいだろうが、SSDに一度慣れてしまうとHDDは耐えられないね。

とりあえずSSDに換装してメモリも増設しよう。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

第12話「もしものせかい!!」
アニメから入った方にはわかりにくいバイクネタを原作からめて解説するよ!
第11話解説

「そりゃあるさ。バイク乗りってのはこけて初めて一人前になる生き物だからな」  by恩紗
302.jpg
まあ、バイク乗りなら大抵はこかした経験があるもの。

「こうして前と後ろを止めておくと風が吹いてもカバーがめくれないんだよ~」 by羽音
302_20160704233235b25.jpg
布団ばさみ。
バイクあるあるネタ。

「夕刊の配達に郵便屋ですね」 by千雨
302_20160704233559952.jpg
それ以外だとお巡りさんもよく使う。
高耐久と燃費の良さ、修理の簡単さが選ばれる秘訣。
といっても最近はカブではなくスクーターを採用することが多くなったらしい。

「まぁ悔しいけどスーパーカブがビジネスバイクのデザインに影響を与えたのは確かだよ」  by恩紗
302_20160704233913653.jpg
世界で最も売れたバイクだからね。
ビジネスバイク=カブみたいなところはある。
バーディもメイトも死んだので、今となっては生き残ってるのはカブだけだけど。

「女子高生が本田宗一郎のものまねをする日が来ようとは…長生きはするものですなぁ」 by早川
302_2016070500020389f.jpg
このへんはアニメオリジナル。
アニオリなのに原作並みのマニアックさ。
確かに有名なエピソードだけど、一般人は知らないだろう。

「バイクもポケベルみたいになくなっちゃう時代が来るのでしょうか?」 by聖
302_20160704235349d3a.jpg
ポケベルは携帯で完全に代替できちゃうからね。
というかそもそも今の高校生はポケベルとか知らないのでは?

「西洋経済」 byジーザス
302_20160704234651e35.jpg
原作では「東洋経済」だったが流石に変更した模様。

「うわ~!遅刻しちゃう!」 by羽音

302_2016070500055706b.jpg
ASIMOの時計。これ実在するのか?ちょっと欲しいかも。
ASIMOはホンダの二足歩行ロボット。
今では二足歩行なんて玩具レベルでも実現されているが、当時は制御が非常に困難で高いハードルの一つと言われていた。
なのでASIMOが発表された当時はかなり衝撃的だったのを覚えている。

「お、羽音。今日はバイクじゃないのか?」 by恩紗
302_201607050014503fc.jpg
駄目なヘルメットのかぶり方。というかそれじゃヘルメットの意味ないだろう。
一応原作では「髪がおさまらないから」という理由があった。

原作では恩紗パパも出現。
ジオスをもじったゴイスというロードに乗っている。
ここのエンゾ天野というのも、自転車界では良くも悪くも有名な「エンゾ早川」からきている。

「長い自転車の歴史の中でも最高にカッコイイ自転車!それがスズキ・スカイヤングよ!」 by凜
302_20160705001801578.jpg
スーパーカー自転車。詳細はググってほしい。
今見ると、何の冗談だ?と言いたくなるが当時は流行っていたらしい。
実際私も仕事(チャリの販売)しているときにこの手の自転車の話をするオッサンを何人も相手したことがあるので、それなりにブームだったのは間違いないと思われる。

ちなみにスカイヤングも実在したらしい。これは流石に私も知らなかった。
というかスズキってチャリも作ってたのか。
スズキの現行ランイナップにある電動自転車はパナソニックのOEMだったはずなので、今は自転車生産からは完全撤退している、はずだ。

「今日はコルマゴ ペローリに電動デラエエッスを組みこみましたの~」 by聖
302_20160705002438bf8.jpg
原作ではコルナゴ フェラーリだった。多分フェラーリと共同開発した「コルナゴV1-r」と思われる。
電動デラエエッスは、シマノの最高級ロードコンポ「電動デュラエース」のこと。
ただの変速機だが、半端なく高い。

「やっとこさ自転車レーンが整備されて交通事故が減ったんですよ」 by千雨
302_20160705003610633.jpg
自転車レーンも出来たのは極一部ですけどね。
しかも結構いい加減というか適当に作った感ありあり。

「バイクが今の人々に乗られるようになってたった100年」
「まだもうちょっとだけ彼らの手に委ねておこうか」 byジーザス

302_20160705005001748.jpg
アニメではなにかと出番の増えているジーザス。
というかこの終わり方にするために出番増やしたのかもしれない。

感想
302_20160705010112932.jpg
ついに終わってしまった。
案外キレイに終わらせたね。最終回にバイクのない世界を持ってくるあたりは、センスを感じる。

結局、聖はカブのままで終わっちゃったかぁ。
全体的に聖と早川のエピソードが少なめで、そこだけが残念だったかな。

正直言ってこのアニメは擁護できないクソアニメになることを半ば覚悟していた。期待より不安のほうがはるかに大きかったのだが、意外にまともな出来だったので安心した。
このアニメがバイク界の起爆剤にはなることは流石にないと思うが、自分の予想よりは話題になっていたなぁという印象。

基本的には原作に忠実で、原作の雰囲気をなるべく出そうとしているのが伝わってきた。
多分、原作好きな人はアニメも評価する人が多いんじゃないかな?
このアニメが合わないって人は、そもそも原作からして合わない人だと思う。

二期は、どうだろうね?
原作のストックも枯渇気味だし、多分やらなそうかな~

 
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
Twitter
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
880位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
397位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2Blog Ranking


にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
RSSリンクの表示
楽天ランキング売れ筋商品
楽天
サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。