オタライダーの戯言

ばくおん!! 勝手に解説 第9話

第9話「しんにゅうせい!!」
アニメから入った方にはわかりにくいバイクネタを原作からめて解説するよ!
第8話解説

原作での29話から32話に相当する。
いよいよ原作での5巻に突入。
今回から新キャラ、千雨が登場。

ポケバイ
299.jpg
ポケットバイクのこと。
30~50ccのミニチュアバイク。子供がこれに乗ってレースする模様。
調べてみたが安い奴はかなり安い。それこそママチャリレベル。怪しい中華製だが。

そういえばポケバイでレースしてる友達がいたなぁ。あいつ今どうしてるんだろう?

「お父さん新しいバイク買ったんだ」 by千雨
299_2016060221564988d.jpg
CBR1000RR。4代目となるSC59。
ホンダは国内仕様を用意してくれるのはいいのだが、かなりパワーダウンされた去勢仕様なのが残念。
これが国内仕様か逆車なのかはわからないが。

「あの人自転車部の人じゃない?」 by千雨
299_20160602220718282.jpg
アニメだとわかりづらいが、「Canonoale」と書いてある。
これはアメリカの自転車ブランド「キャノンデール」のもじり。

ロードはまあダイエットにはなるかもしれないが、足が太くなるし日焼けもするしで女子高生にはバイク並みにハードル高いと思う。

「羽音も免許取って1年経つし春からは後ろに乗っけてくるんだな?」 by恩紗

299_20160602221323cdb.jpg
二輪は免許取得後1年経過しないと二人乗りが出来ない。高速道路は3年。
とはいえ首都高の一部区間なんかは未だに禁止されてたりするが。
二輪の高速での二人乗りは長い間規制されていたのでその名残ともいえる。

黒電話
299_20160602222302878.jpg
今の若い子は見たことないんじゃないか?
私でも幼いころのおぼろげな記憶で覚えているぐらいだし。

ハチロク

299_20160602222648459.jpg
トヨタのスポーツカー。頭文字Dで有名。
原作だとトヨタ・セラ(多分)とかもいたのだが。

「まずはベル友から始めましょう」
299_2016060222345512f.jpg
ベルはポケベルのベル。
懐かしいなぁ。私も見たことはあるが使ったことはない。
このアニメ、基本的に若い人にはわからないネタが多いよね。

ちなみにこの人、ヘルメットのデザインから千雨の父親ではないかと言われている。

「あなたがNSRで私が先祖MVX」
299_20160602223817490.jpg
MVX250F。二代目TZRがヤマハの失敗作なら、このMVXはホンダの失敗作の筆頭。
見た目はホンダの名車VT250Fに似てるんだけどねぇ。
V型三気筒とかいう珍妙なエンジンを積んでいたが、2ストの悪いところを強調したようなバイクだったため、すぐにNS250Rにバトンタッチした。

「幻のオプション・サイレンサー型小物入れ!?」 byたづ子
299_20160602225255dab.jpg
冗談のようだが、実在したオプション装備らしい。

「すごいオイル飛沫ね…」 byアキナ
299_201606022255496f2.jpg
2ストは多かれ少なかれオイル(と白煙)がサイレンサーから飛んでくるがMVXは特にひどかったといわれ、恩紗は嫌がらせ専用マシンと評していた。

カワサキ・マッハ
299_201606022259445c9.jpg
2スト三気筒エンジンを積むバイク。扱いが難しく乗り手を選ぶといわれた。
マッハはシリーズ化されていて、先輩の車種がどれなのかまでは分からないが、多分一番有名なマッハ3(500cc)ではなかろうか?

月刊オートバイ
299_20160602231014c75.jpg
今でも刊行されているが、今と比べ昔はかなりぶ厚かったらしい。
時代だねぇ。

「マックスターンは…こうですわ!」 by聖

299_2016060223132513c.jpg
前輪を フルブレーキングしたままアクセルを全開、タイヤをホイルスピンさせながら前輪を軸に 回転して地面に円を焼き付ける技。
映画マッドマックスで有名なことからこの名で呼ばれる。

アイキャチ「ドゥカティ・ディアベル」

299_20160602231818171.jpg
悪魔の名を持つバイク。

「なんでシート高だけなの?」 by由女

299_20160602232027291.jpg
シート高は足つきの目安になる。低身長とって足つきは死活問題。
ただし足つきはシートの形状やステップの位置にも影響されるので、シート高だけでは判断できない。

「出遅れちゃったみたい」 by羽音

299_20160602232339ba5.jpg
略しちゃダメでしょ。

感想
以上、9話でした。
今回は千雨回ですね。
原作では間に鈴菌のエピソードがあったんだけど丸々カットされちゃった。
あのエピソードすきだったのに…
まあアニメだと千雨回の途中にあのエピソードは入れられないか。千雨回が終わってからでいいのでやってほしいなぁ。
次回もタイトルからして千雨回かな?

 

ばくおん!! 勝手に解説 第8話

第8話「ふゆやすみ!!」
アニメから入った方にはわかりにくいバイクネタを原作からめて解説するよ!
第7話解説
第9話解説

原作での24話から28話に相当する。
すでに原作での4巻に突入。
飛ばしてるなぁ。

「うは~。寒い寒い寒い」 by恩紗
298.jpg
冬。季節感のないアニメだな。

「冬の朝だけはバイクって乗り物を恨むよ。こうやって温めないとエンジンかかりにくいんだよね~」 by恩紗
298_2016052422471430a.jpg
キャブ車の冬場の始動性はすこぶる悪い。古いバイクはなおさら。
熱湯をかけないと駄目なレベルなのはレアケースだとは思うが。
今のバイクはインジェクションなのでここまで始動性は悪くない。古いバイクでなければ一発でかかるだろう。

チョーク
298_20160524225959613.jpg
燃調を濃くする装置。
キャブ車には大抵ついている。冬はこれを使わないとエンジンかからない。
インジェクション車にはついてないので今の若いライダーは知らない人も多いかもしれない。

エンジンかからない
298_201605242254536d5.jpg
よくある。
本当は軽くアクセルをひねってやるといいのだが、それでもかからないときはかからない。

キック
298_2016052422575633b.jpg
原付やオフ車はキック始動が出来る車種も多い。バッテリーが弱ってセルが回らないときなどに使う。
キックしたところで確実にかかるわけではなく、冬などは何度もキックする羽目になる。

「今日も暑いな」 by恩紗
298_201605242314483ab.jpg
冬は基本的に厚着をしているので、キック連打の後は暑く感じるのだ。かなり汗もかく。
これは実際にやってみるとよくわかる。

「まさか偽造じゃ…」 by恩紗
298_20160527003330d6d.jpg
フルビット免許。
この免許を作るには単にすべての資格があるだけでは駄目で、順序を考えて取らなければならない。
たとえば大自二を先に取ってしまうと普自二は取れなくなってしまう。

プロテクター装備
298_201605270042163a0.jpg
プロテクターの前にスカートやめて、グローブつけたほうがいいと思うが。
ヘルメットは原作ではMOMO DESIGNのシステムヘルメットだった。

「聖~!ホンダ・スーパーカブだ」

「エンジン絶好調!頑丈低燃費!世界で最も売れたバイク~!」 by恩紗
298_20160527010001383.jpg
ホンダの名を世界に知らしめた名車。
世界で最も売れたバイクとしてギネスにも登録されている。
50年以上基本設計を変えずに売られ続けたバイクでもある。
今はフルモデルチェンジしてしまったが、ちゃんとラインナップされている。

「東南アジアじゃこれが一家全員乗れるリムジンであって荷物を運ぶトラックなんだぜ!世界にどれ程の自由をもたらしたことか!」 by恩紗
298_201605270103397b7.jpg
大げさではなくその通り。画像では4人乗りしてるが、これも誇張ではない。
また、向こうのカブは独自の進化をしてて、結構いろんな車種があるので、調べてみると面白い。

「クラッチなし、3速ギア。こがなくていい分自転車より簡単なもんだよ」 by恩紗
298_20160527010854fbe.jpg
カブは自動遠心クラッチなのでクラッチ操作が必要ない。ただし、ギアチェンジは手動操作。
免許のATとMTはクラッチ操作の有無で別れるので、その意味ではATの区分に入る。

(私自慢ではありませんが自転車にもまだ乗れませんのよ~) by聖
298_20160527011247a58.jpg
その場合は流石に自転車から練習したほうがいいと思うが…

「スピードに乗ったらアクセル戻して2速に!」 by凜

298_201605270116574b5.jpg
通常バイクのチェンジペダルはつま先で操作するが、カブはシーソーペダルといって踵でも操作できるそうになっている。これは靴を傷めないための措置。
今回の場合、2速から1速に落としてしまったのでウィリーした。なぜ1速に落としたのかはわからないが。操作ミスか?
まあ普通はこの程度の操作ミスでウィリーなんてしないが。

スレッジハンマー

298_20160527012628013.jpg
原作ではバイクの引き起こしが出来なくて教習所に入れなかったといっていたが、こんなものを振り回せる筋力があるなら引き起こしなんて楽勝だろう。

「なぜ…?こんなにされて、まだ動きますの…?」 by聖
298_201605270133024b1.jpg
カブの頑丈さは折り紙付き。
嘘か真かいろんな伝説がある。
二階から落っことしても動いたとか、エンジンオイルの代わりにサラダオイル入れても走ったとか。

「筆記試験だけで取れる免許があるのですわ」 by聖
298_201605270138498ed.jpg
原付免許は簡単に取れる。
筆記試験だけと言っているが、実際には実技講習もある。

「というより目立ちすぎじゃない?あの補助輪」 by凜
298_20160527014254067.jpg
補助輪つけたら逆に乗りにくいと思うが…

アイキャッチ「トリシティ125」
298_2016052701444465d.jpg
フロント2輪の斬新なスクーター。
安定性が高いらしいが、自立はしないらしい。一回乗ってみたいが、走っているのを見たことがない。

「なぁ凛。レースの賞金でヨシムラサイクロンでも買うか?」 by恩紗
298_20160528222529079.jpg
ヨシムラジャパンは二輪パーツ販売で有名な会社。
色々なメーカーのバイクのパーツを出しているが、スズキと関係が深いためスズキ車のパーツが豊富。
凛パパのカタナ1135Rもヨシムラのコンプリートマシン。
ヨシムラサイクロンはヨシムラの出しているマフラーのこと。

「そして本物のサンタだと証明してプレゼントを渡して次の国の子供の所に行くんですの」 by聖
298_2016052822403698b.jpg
国際サンタクロース協会が認定する公認サンタクロースのこと。世界で約120人ぐらいいるらしい。
公認の資格を取るには笑っちゃうぐらい厳しいハードルを突破しなければならない。

「そんなおかしな格好の人に言われたくないな」 byジーザス
298_201605282251035bb.jpg
ジーザスは原作未登場。
アニメはジーザスの出番が多い。

「スーフォアの鍵見つかんなくて予備の鍵で来ちゃった」 by羽音
298_201605282300078be.jpg
死亡フラグ。
某漫画では同じ行動をとったキャラが事故死した。
まあ、そいつが乗ってたのはカタナだったけど…

(さすがに手に当たる風が厳しい~。秘密兵器電熱グリップ温度上げちゃえ~) by羽音
298_20160528230343df7.jpg
電熱グリップはあったかくなるグリップのこと。
冬はとにかく手が冷える。
胴体は厚着すればどうにかなるが、手袋は厚くするとバイク操作が出来なくなるから。
最強は電熱グリップとハンドルカバー。こたつ状態になる。

ヒューズ電源
298_2016052823073775c.jpg
電源コードが伸びててそこから電源をとれるヒューズのこと。
電熱グリップと電熱インナーの電源はここからとっていたのだろう。
ただし電力が大きくなるとヒューズがとんで通電しなくなる。

「寒いよ~!!」 by羽音
298_20160528231231889.jpg
冬の高速は死ねる。
夏の渋滞と並んでバイクの苦行である。

「エンジンの熱がこんなにありがたかったなんて初めて知ったよぉ…」 by羽音
298_20160528231442887.jpg
これはよくやる。
フルカウルじゃ出来ないけどね。

感想
以上、8話でした。
かなりの急ぎ足。
うまく編集していたとは思うが、省略されたエピソードはかなり多い。
なので原作買って読もう!

 

ばくおん!! 勝手に解説 第7話

第7話「ぶんかさい!!」
アニメから入った方にはわかりにくいバイクネタを原作からめて解説するよ!
第6話解説

原作での21話から23話に相当する。

「みなさんレース用コスチュームがお似合いですわ。実にプロレタリアートっぽくて」 by聖
297.jpg 297_20160519205742a50.jpg
まさかのメイド服。メイド服着てバイクに乗るネタは実は昔からある。中身はたいていの場合男だが。
プロレタリアというのは賃金労働者階級のこと。ブルジョアジーの対になる言葉。
メイドなら確かにプロレタリアといえるかもしれない。
ちなみにプロテクター入り。

コース
297_2016051722555587c.jpg 297_201605192059167ea.jpg
原作とは少し違う。というか学校の形がそもそも違う。
原作ではわざわざ「ジャンプ台」が設置されていたが、アニメではうまい具合に階段部分をジャンプポイントに設定してある。
やるじゃん。

「上を通り過ぎるとバイクのエンジンがなぜか冷える板ですわ!」 by聖
297_20160517230144c24.jpg
「エキサイトバイク」のアレ。6話解説を参照。

「バイク部でダービーやるから賭けてほしい?」 byモブ学生
297_201605172307552ad.jpg 297_20160519210012141.jpg
原作ではここは「ビッグ錠カフェ」というファンキーな出し物のクラスだった。
よく見ると窓にそれらしき言葉が描いてある。

「どれだけ知らないと言っても国内4大メーカーとカタナは知ってるでしょ?」 by凜
297_201605191503001e3.jpg
カタナはもちろん、一般人には国内4大メーカーすらわからないのではないだろうか。
二輪の知名度なんてそんなもんである。悲しい。

「あとMr.ハーレーダヴィッドソン!」 byモブ学生
297_20160517231330f60.jpg
下手すれば国内メーカーよりハーレーのほうが知名度が高いかもしれない。
一般人にはホンダもスズキも自動車メーカーとしての認識しかないかも。
ヤマハは楽器メーカー。カワサキは新幹線か?

「スクーターはメーカー名じゃない!」 by凜
297_20160517232408641.jpg
スクーター(Scooter)はオートバイの一種。「原動機を座席の下に設け、前方に足踏台のある、車輪の直径が22インチ以下であるような2輪自動車を指す[1]」ということになっている。(wikipediaより抜粋)

「え?冗談でしょ?スズキがバイク作ってるなんて」 byモブ学生
297_20160517232630988.jpg
スズキといえば軽自動車。
一般人ならそんなところだろう。

「まずはホンダCB400SF、佐倉羽音。18個のウィンカー、10枚のバックミラー、8本のマフラーで安全運転」 by羽音
297_2016051723274926b.jpg
8本のマフラーで安全運転とは一体…?
ちなみにダミーマフラーは実際にカスタムパーツとして存在する。完全に見た目だけのパーツだが。

「続いてヤマハTZR250、天野恩紗。20年に渡るチューンのおかげで3XVより速い3MA」 by羽音
297_20160517233209b3e.jpg
一般人には3XVとか3MAとか言われてもわからないだろう。
詳しいことは6話解説参照。

「スズキカタナ400、鈴乃木凛。見かけはノーマルでもガンスパークチューンで1200ccのようなフィーリング」 by羽音
297_20160517233410842.jpg
原作ではESSEチューンだったのだが、アニメではESSEのエピソードをカットしたためこうなっている。
ちなみにガンスパークつけても1200ccのようなフィーリングにはならない。

「カワサキからはエプシロン250、来夢先輩。ハンデということでいつものニンジャから乗り換え。提供はニコイチモータースです」 by羽音
297_20160517233741f42.jpg
エプシロン250はスズキ・スカイウェイブ250のOEM。つまりはカワサキブランドであるが、実際にはスズキが製造しているということ。
カワサキはスクーターを作らないのだ。
それにしても先輩の後姿に哀愁が漂っているのがなんとも。

「じゃあ私はヤマハにしようかな」 byモブ学生
297_2016051801594812e.jpg 297_201605192103111c5.jpg
ここで恩紗を選んだのはビッグ錠の漫画「スーパー食いしん坊」の主人公に髪型が似ているからという凄まじい理由だった。


「司会は悪のベーダ軍団・ヒジリアン女王がお送りします!」 by聖

297_20160517235122096.jpg
「電子戦隊デンジマン」に登場するへドリアン女王が元ネタらしい。
流石に私も詳しくは知らない。

聖が乗っている車両はクラウザー・ドマニというもので、一応サイドカー分類されるらしい。

「勝つのはあのバイクだ」 byジーザス
297_20160517235355955.jpg
ガンダムのララァみたいなことを言っている。
ジーザスは原作ではいなかったのでアニメオリジナル要素。
細かいところだが私はこの部分を高く評価したい。

「あれ?王様に押し掛け大将先輩何見てるんすか?」
「サル顔ピアスか。日本の女子高生達のレースだ」

297_20160518001922ef1.jpg
3人とも有名なGPライダーをモジっている。
王様はかつて「キング・ケニー」の異名をとったケニー・ロバーツから。
押し掛け大将はかつて「ファスト・フレディ」の異名をとったフレディ・スペンサーのこと。当時のレースはエンジンを押し掛けで始動させるのだが、スペンサーはこれがうまかったことから。
サル顔ピアスは現役のGPライダー、バレンティーノ・ロッシから。ロッシといえばヤマハのイメージだが、原作掲載時はドゥカティに在籍していたのでドゥカティの帽子をかぶっている。

「来夢先輩をわかってねぇな」
「俺達だって彼女には一度も勝ったことがないんだ」

297_20160518002425a79.jpg
原作ではこの後、来夢先輩をめぐる二人のエピソードがあるのだがアニメではカットされた。

(スクーターというハンデに加え校内で知り合いのいない来夢先輩に賭ける人は少ない!) byたづ子
297_20160518002650190.jpg
このグラフもアニメオリジナルだが、わかりやすくていいと思う。

転倒
297_20160518003428a21.jpg 297_201605192104484bc.jpg
原作ではなぜ転倒したのか、たづ子が推測してくれるシーンがあるのだがアニメではカットされている。
アニメだけだと転倒の理由がわからないので、そこはカットするべきではなかったと思う。

アイキャッチ GSX1300Rハヤブサ
297_20160518003654afe.jpg
スズキのメガスポーツ。300km/h出せる。
先輩のZX-12Rに近い車種。

(それにしても恩紗ちゃんのオートバイ絶対壊れてるよ。この煙どうにか…) by羽音
297_20160518004913b78.jpg
2ストはそういうもの。酷いときはオイルが飛んでくることもある。
そのため2ストの後ろにつくことは誰もが嫌がる。

「そっか!私が先頭に立てば全部解決じゃん!」 by羽音
297_20160518005440c7d.jpg
羽音のスーフォアはスペック3の模様。
3話でNC42と書いてあったのはやはりミスのようだ。

「エンジン音が変わった?」 by恩紗
297_20160518010057b65.jpg
ハイパーVTECが作動して2バルブから4バルブへと切り替わったのだろう。
誇張表現ではなく実際にエンジン音は変わるらしい。

「それってマッハ1ぐらい?」 byモブ学生
297_20160518010623839.jpg
マッハ1は音速のこと。地上だと約1200km/hぐらい。もちろんバイクで出せる速度ではない。
もし仮に本当にマッハ1が出ていたとしたら、羽音たちはソニックブームで吹き飛んでいるだろう。

「ビグスクってあんなに回るのか?」 by凜パパ
297_20160518013649513.jpg
ビグスクはビッグスクーターの略。厳密な定義はないが、概ね250cc以上のスクーターのことを言う。
回るというのはエンジンの回転数のこと。原作によると2万rpmは回っているとのこと。
エプシロン250の場合1万rpmで既にレッドゾーンらしいので、恩紗パパの言う通り普通は焼き付く、というかそもそもそんなに回らない。
超高回転型と言われるエンジンでも2万までは回らないのが普通である。

「お姉ちゃん…そのバイクには翼があるよ」 by由女
297_20160518013944dfe.jpg
この形はホンダウイング。羽音のスーフォアのタンクにあるデザインと同じ。

「わかったわ!ワゴンR買うようパパに言っとく!」
「彼氏の次の車スイフトにさせるわ」

297_20160518014405b73.jpg
どちらもスズキの主力車種。ただし自動車。
近年のスズキは好調な四輪に比べ二輪部門は苦戦している。復活を期待したい。

「やったやった~当たった~。少ないけど結婚資金の積み立てにしよ~っと」 by猿山
297_201605191511520c7.jpg 297_20160519210658dfb.jpg
猿山先生は「いつもクラスで孤立してるから哀れみで」という理由で凜に賭けていた。

注意書き
297_201605180204482d2.jpg
賭博行為は法律で禁止されています、という注意書きが地味に増えている。細かいなぁ。

感想
以上、7話でした。
今回はコースレイアウトやジーザス、円グラフなどちょっとしたオリジナル要素が好印象だった。
カットについては来夢先輩の転倒理由以外は、まあ良かったんではないかなと。
アイルトン・セナのくだりとMVX250の台詞は見てみたかったが仕方がないか。

 

ばくおん!! 勝手に解説 第6話

第6話「じゅんび!!」
アニメから入った方にはわかりにくいバイクネタを原作からめて解説するよ!
第5話解説
第7話解説
原作での17話から20話に相当する。

「もうすぐ文化祭なわけだが、我々バイク部はレースを行うこととする!」 by恩紗
296.jpg
原作ではレースに決まるまでにいろいろ紆余曲折があったのだが、ばっさりカット。

「そんなことしてにわかライダーが増えでもしたらどうするのよ」 by凜
296_20160510214241c2a.jpg 296_201605121530377f4.jpg
原作ではさらに「バイクってのは選ばれた人間だけが乗ってればいいの」と続く。凜ちゃんってば選民思想。

ちなみにこの考えはむしろ自転車のほうで浸透しつつある。
少し前ならブレーキのないピストバイクが暴走して事故を多発させたり、最近なら弱虫ペダルなんかの影響でロードに乗り始めた人が交通マナーを守らず走ってたりで、にわかライダー排斥の声が上がったことがある。
まぁバイクは最低限「免許」というものが必要で、ある程度敷居が高い分そこまで問題化することはないとは思うが。
このアニメの影響でバイクが爆発的ブームになるとも考えにくいしね。

「1.3リッター並列四気筒220万円現金一括!」 byたづ子
296_20160510221251246.jpg 296_20160512153200a30.jpg
原作では「BMW K1300R」だった。174馬力。アニメでも見た目は完全にこれ。
名前やエンブレムが出てこないのはBMWから協力を取り付けていないからだと思われる。
原作で「どのバイクにも似ていない圧倒的個性」というだけあって、かなり異彩を放つデザイン。
たづ子はこれに乗るためにわざわざ大型免許を取得した。

1.3リッターというのは1300ccのこと。バイクの排気量としてはかなり大きい。
並列四気筒というのはエンジンのシリンダー配置のこと。直列四気筒(直4)ともいう。並列と直列は(バイクにおいては)同じ意味。あるいはインラインフォーとよばれることも。
四気筒としてはスタンダードなシリンダー配置。スーフォアやカタナも直4エンジン。

「慣らしも終わってないバイクを先輩に運転させるわけないでしょ」 byたづ子

296_20160510222304f4b.jpg
「慣らし」とは新車のエンジンやサス、ブレーキなどを動かして「アタリ」をつけること。
1000km程走るまでは急の付く運転(急加速や急ブレーキなど)をしないようにし、回転数も上げすぎないようおとなしく運転することをいう。
人によっていろいろやり方が違うし、そもそも慣らしは必要ないという人もいる。
メーカーも「一応、頭の片隅においといてくれればいい」という程度のスタンスなので、いきなりレッドゾーンにぶち込むとかしなければそこまで神経質になる必要はない。

「ブレーキ時にフロントが沈みこまないんですよ。まぁ仕組みはま~ったくわからないけど」 byたづ子
296_20160510223418229.jpg
BMW独自のデュオレバー。
BMWのバイクはこういった凝ったメカニズムの装備を持った車種が多い。

「下手に分解しようもんなら新車保証受けられなくなるんです!触れるのを許されるのはディーラーのメカニックのみ!」 byたづ子
296_20160510230144b80.jpg

最近のBMWは電子制御の塊で下手にいじれないようになっている。
専用の診断ソフトや工具などが正規ディーラーにしかなかったりするのだ。

「私はリターンライダーたづ子。どんな些細な事であってもディーラーに通ってお金を落とす正義のライダー」 byたづ子
296_20160510230422256.jpg
リターンライダーとは若いころバイクに乗っていた人が、歳を取って再び若い時を思い出してバイクに乗り始める人のこと。
最近多い。というかバイク乗りの平均年齢が上がっているのはこのリターンライダーの影響が強い。あと若者のバイク離れ。

「先輩覚えてる?昔千葉のオートレースを見に行った日の事を」 byたづ子
296_2016051023124043a.jpg
最近廃止されてしまった船橋オートレース場と思われる。

「これはっ、カワサキGPZ250R!」 byたづ子
296_20160510231603d63.jpg
鳩サブレや35色のバリエーションは本当の話。
「カワサキが考えたライト層向けって一体…」
GPZ900Rは初代「Ninja」として有名。GPZ400Rもベストセラーになるほどの人気車種だったが、このGPZ250Rはとにかく不人気だった。1年で製造終了し、販売台数はたった2000台。だってかっこ悪いんだもん。
ただし、エンジンだけは改良されながら現行のNinja250に受け継がれてたりする。

アイキャッチ「ジョルノ」
296_20160511001532964.jpg
まさかの原付スクーター。

「でもまぁ確かにマシンをド派手に飾り付けるのはいいだろうな。レーサーレプリカにしちゃったりして」 by恩紗
296_201605110019108dc.jpg
レーサーレプリカは90年代あたりのフルカウルスポーツのこと。今でいうスーパースポーツに相当する。
当時はレースマシンの技術が市販車に積極的にフィードバッグされていたためこの名で呼ばれる。
レーサーレプリカとは最初からそういうジャンルのバイクなのであって、あとから改造してそうなるという類のものではない。

「ハッピーメーターだなこりゃ。実際の速度より速いスピードを示すメーターさ」 by恩紗
296_20160511002545064.jpg
メーターには誤差があるもので、基本的には実際の速度より速い速度を表示するものがほとんど。
そういう意味ではほとんどのバイクはハッピーメーターなのだが、それにしても恩紗のセローはひどすぎるので壊れていると考えられる。
日本で生販売されている車両はそこまで誤差は大きくないはずだが、アジア生産のアジア向けバイクなんかはハッピーメーターであることが多いといわれる。

「バイクワールド」
296_20160511003226533.jpg 296_20160512153336624.jpg
原作ではバイク用品店「NAP'S」をもじった「MAP'S」だったのだが変更になっている。

「じゃあオートバイにアニメのステッカー貼るのはチューニング?カスタム?」 by羽音
「それも他の人が乗りにくいバイクだからカスタムかな…?」 by恩紗

296_2016051100382178d.jpg
そういうのはステッカーチューンっていうんだけどね。
まぁカスタムとチューンの語りは恩紗の自分定義なので、あまり真に受けないように。

「ホ…ホットプラズマ!」 by恩紗
296_20160511004405b54.jpg 
これは「ホットイナズマ」という有名な商品から。コンデンサのチューンナップパーツ。
といっても流行ったのは一昔前で、今は恩紗の言う通りオカルト扱いされている。

「ガンスパーク!」 by恩紗
296_2016051100450840c.jpg
プラグから出る火花が強くなってパワーアップするとかいう言う商品。こっちはすでに廃番。

「羽音。バイクの改造にはもう一種類あった。オカルトだ」 by恩紗
「効果があるか怪しいパーツを売り文句に乗せられて取り付け効果が出たと喜ぶことだ」 by恩紗

296_2016051100503552e.jpg
今話題の「水素水」と同じと考えればいい。
バカバカしいと思うかもしれないが、人間というのは往々にしてこういう怪しい商法に乗せられてしまう。
気を付けよう。

「そんな都合のいいもんはない!」 by恩紗
296_20160511005411c7c.jpg
その通り。
もし本当にそんな都合のいいものがあるなら、メーカーが純正採用しているに決まっているからだ。
採用されていないということは、つまりそういうこと。

「オイル添加剤~!」 by恩紗
296_20160511010047bc0.jpg 296_201605121536072b9.jpg  
見た目はワコーズの「フューエルワン」のように見えるが、フューエルワンはオイル添加剤ではなくガソリン添加剤である。
原作ではちゃんと「スーパーゾイル」をもじった商品だったのだが。
効果は、どうだろう?

「文化祭の参考にと思って」 by聖
296_201605110118292f7.jpg 

ファミコンソフト「エキサイトバイク」。
結構有名で、実は私も持っていた。なつかしいなぁ。
いまは3DSでも出ているのか?

「この踏むとエンジンの温度が下がる板、というのは?」 by聖
296_20160512140317c6c.jpg
クールパッドのこと。
このゲームはオーバーヒートというシステムがあり、ターボダッシュを多用するとオーバーヒートして一定時間停止してしまう。
クールパッドの上を通過すると温度が一気に下がるため、ターボダッシュを多く活用できるようになる。

「フルラッピングでストロボカラーにでもデコレしようかな~って」 by恩紗
296_20160512141803891.jpg 296_2016051214283899f.jpg
ストロボカラーとはヤマハのレーサーマシンによく使われたグラフィックパターン。
ツートンでできたラインが鎖のように見えることからチェーンブロ「ックともいう。
日本だと赤白、アメリカだと黄黒のツートンが有名だった。

もっともストロボカラーはオンロードマシンの色であって、セローのようなオフ車(モトクロス)ではストロボのイメージはなかったりする。

「そりゃ一生懸命走るけどオフ車のセローじゃ限界もあるし」 by恩紗
296_20160511012237428.jpg
20馬力のオフ車では400スポーツのカタナやスーフォアに勝つのは難しい。

「公道走らないから車検切れでも大型でもいいよ」 by恩紗
296_20160511012810224.jpg
免許というのは公道を走るのに必要なものなので、学校の敷地内を走るだけなら免許がなくても好きなものに乗れる。
その場合どうやって学校に持っていくんだという話だが。まさか押し歩きで持っていくのか?

「マジで!?それってYZF-R1!?」 by恩紗
296_2016051102262299e.jpg 296_2016051215375607e.jpg
R1はヤマハのリッターSS。ある意味ZX-12Rより卑怯なマシン。
画像は現行ではなく、ひとつ前のもの。

「あれは…特徴的なセンターアップマフラー!」 by恩紗
296_20160511013415a95.jpg
センターアップマフラーとは画像のようにテールの真下にサイレンサーがあるマフラー配置のこと。
一昔前はいっぱいあったのだが、最近はめっきり見なくなった。
マフラー配置には流行りというのがあって、時代によって移り変わるものだったりする。

「キャブレターをエンジンの前に置いた唯一無二の前方吸気・後方排気のレイアウト!」 by恩紗
296_20160511014358144.jpg
通常は後方吸気・前方排気である。
市販レーサーであるTZがこの方式を採用したのでそのレプリカであるTZR250もこの方式となった。

「これは、ヤマハバイク史上における失敗作の筆頭!二代目TZR250 3MA、通称サンマ!」
296_20160511015115d1b.jpg
言い過ぎのような気もするが、レースで勝てずたった二年でフルモデルチェンジしたのは事実。

ちなみにデカデカと書かれている「峰」は煙草の名前。今はもうないが。
要するにこの「峰」が恩紗パパのスポンサーになっていたということ。

(こんな古い2ストのバイクに乗ってたら笑われる…) by恩紗
296_20160511021520044.jpg
2ストとは吸気・圧縮・燃焼・排気の工程を行うのに、ピストンバルブがシリンダー内を2回ストロークするタイプのエンジンのこと。
これに対し4回ストロークするエンジンを4ストという。
詳しい違いはググってほしい。
2ストは軽量でパワーはあったが癖が強く、環境にも悪かったため今では絶滅した。

「言っちゃ悪いけどこりゃ駄目だよ。エンジンの音は汚いし酷い煙は出るし発進で5回もエンストしたし何より遅い」 by恩紗
296_20160511015847a7e.jpg
2ストは乾いた音がする。人によって感じ方は様々だが、「下品な音」と感じる人が多いようだ。
白煙も出る。ガソリンと一緒にオイルも微量ながら燃やして走っているので煙が出てしまうのだ。
それと低回転が弱いのでエンストもしやすい。
遅いというのは乗り方がわかっていないだけだろうが、総じて4ストに比べ癖があるといえる。

「2ストロークエンジンが絶滅した理由が分かったよ。騒音や煙に臭い。2ストって現代の道路を走るようにできてないんだな」 by恩紗
296_20160511020227963.jpg
こんなのが年々厳しくなる騒音規制や排ガス規制をパス出来るはずもなく、だいぶ前に2ストは絶滅した。

「いい所は部品が少なくて軽い所か?他にいい所なんて…」 by恩紗
296_20160512144922361.jpg
2ストエンジンは4ストにくらべ構造がシンプルなので軽くてコンパクト。
パワーもあるのでレースにはうってつけ。

「パワーバンドに入った途端の怒涛の加速!2ストが絶滅した本当の理由が分かったよ!こいつは実にけしからんバイクだからだ!こいつならスーフォアやカタナに勝てる!」 by恩紗
296_201605110206230dc.jpg
パワーバンドとはパワーが出る回転域のこと。
2ストはパワーバンドは狭いが、いったんそこに入るとドカッとパワーが出る特性がある。
実際速さでも、400ccのスーフォアやカタナにも決してひけは取らない。
2ストと4ストの差はそれだけ大きいのだ。

「そりゃ3MAはレースでいい所はなかった。後継機種の3XVが出てメーカーが見捨てた3MAに固執するなんて馬鹿げていた」 by恩紗パパ
296_20160512145313497.jpg
三代目TZR(3XV)は名車として名高い。
エンジンはVツインにかわり、そのため前方吸気・後方排気もやめた。ついでにセンターアップマフラーもなくなった。
3MAとは何だったのかと言いたくなるようなモデルチェンジであった。

ちなみにこの写真に一緒に写っているのは凜パパ。

「随分遠回りしちゃったな。尻さえ熱くならなきゃもっと走れたけど」 by恩紗
296_20160512145921bf8.jpg
シートのすぐ下を排気管が通っているので、シートがすぐ熱くなるのだ。
つくづくスパルタンなバイクである。

「スーフォアをレース用に改造してるの。レースってのは危険なんだよ。だからこそ安全第一!」 by羽音

296_20160512151434159.jpg
ウインカーもミラーも保安部品なので、本来ならレースには必要ない装備。

感想
以上、6話でした。
やはりというかカットされているエピソードも多かったが、おおむね満足。
用品店でESSEのエピソードは入れてほしかったところだが、まぁしょうがないか。

今回は全体的に濃いというか、バイク知識ないとついていけなさそうなネタが多かったと思う。
原作からしてそうだからこれも仕方ないんだけどね。
原作読めばまだ理解しやすいので原作読もう!
 

ばくおん!! 勝手に解説 第5話

第5話 「つーりんぐ!!」
アニメから入った方にはわかりにくいバイクネタを原作からめて解説するよ!
第4話解説
第6話解説

原作での13話から16話に相当する。
ここで北海道ツーリングは終了。

キャンプ場
295.jpg
北海道には無料ないし格安のキャンプ場がたくさんある。
個人的にも北海道に行くならテント張ってキャンプしたほうが雰囲気が出るのでお勧め。
原作によるとここは上富良野キャンプ場。

コーヒー
295_201605032158234d0.jpg
キャンプ場で飲む一杯のコーヒーは格別の味、という風潮。あるある。
私も普段コーヒーなんぞ飲まないが、キャンプしたときはわざわざお湯沸かしてコーヒー飲んだこともある。
こういうのは雰囲気が大切なのだ。
ちなみに原作ではここで使ったコップはジーザスにもらった聖杯(スズキの湯飲み)だった。

「1、2、3、ラベンダー!」 by羽音
295_2016050322072702a.jpg
アントニオ猪木の「1、 2、 3、 ダー!」から。
上富良野のラベンダー畑は有名。

「寒!」 by凜
「夏とはいえ北海道の朝は冷え込むな」 by恩紗

295_20160503221329939.jpg
真夏でも朝は結構寒いのが北海道。
この薄着では寒いだろう。
ちなみに原作での凜は「誰かがアントニオ猪木の寒い物まねをした」というところまで勘付いていた。ニュータイプか?

「え?いやー、ちょっとお花畑が」 by羽音
「ああトイレね」 by凜

295_20160503221853ad8.jpg
「花を摘む」は女性が用を足すときの隠語。もとは登山用語らしい。
しかし今時の女子高生がこの言い回しを知っているのだろうか?
凜は意外と教養があるのかもしれない。そういえば原作でも中間テストで70点以下はとっていないと発言していた。

「キャンプなのに自炊もしないでコンビニ飯ってどうなのよ」 by凜
295_20160503223158705.jpg
自炊は雰囲気は出るが手間がかかるし荷物も増えるので、どうするかは悩みどころ。
キャンプメインなら自炊して、ツーリングメインなら自炊しない、というように自分のツーリングスタイルによって切り替えていくとよい。

「西遊記の孫悟空がお釈迦様の手の平から逃げられなかったように、北海道にいる限りセイコーマートからは逃げられん」 by凜
295_2016050322381411c.jpg
セイコーマートは北海道に拠点を置くコンビニチェーン。北海道でのシェアは断トツの一位。
ローカルチェーンと侮るなかれ、結構すごい会社だということは調べてみるとわかる。
僻地にも店があり、価格も安く、商品も北海道ならではのものが多くあったりと非常に便利。
旅行者ならば、たとえ隣にセブンやローソンがあったとしてもセイコーマートを選ぶだろう。私でもそうする。

「そういえばさ、北海道の車ってスピード速いよねー。びっくりしちゃった」 by羽音

295_20160504015411fe3.jpg
これは本当の話。原付はおろか125ccでも余裕がなかったりする。
ただし取り締まりをしていないという意味ではないので注意。
地元の車があまりスピードを出さずに走っていたら、そこは取り締まりポイントである。

「このあいだ高速道路でついに前人未到の100キロに到達したよ」 by羽音
295_201605040155166fc.jpg
前人未踏ではない(真面目なツッコミ)。
まあ最近はいろいろとうるさいので、堂々と道交法違反を宣言するわけにはいかないだろうしね。
高速道路は100キロまでです。まあ新東名では上限上がるかもしれないけど。

「でもまぁ…そうだな。スピードメーターを振り切った事なら。セローのメーターは140まで刻んである」 by恩紗
295_20160503230141181.jpg
凜も言っているが、これはメーターが壊れているだけだろう。
セローは20馬力程度しかないので、最高速は120~130キロ程度と思われる。
恩紗のセローはボロなのでこんなに出ないかもしれない。

「200km…かな…」 by凜
295_20160504015614573.jpg
カタナに限らず400ccで200キロは通常でない。
とはいえカタナ400はレーサーレプリカGSX-R400のエンジンを流用しているので、180キロか、状態が良ければ190キロぐらいまでなら出るかもしれない。

「女子高生の速度自慢は微笑ましいものですなぁ。我々200キロクラブにとっては…」 by早川
295_20160503232544ab3.jpg
ここで来夢先輩が見せている紙には「私の出した最高速度」 が書かれている。
そして先輩のZX-12Rは300キロ以上でる。
さしものナナハンでも1200ccのメガスポーツには勝てない。

「何で羽音がスズキ乗りの聖杯なんて持ってるの?」 by凜
295_2016050323295560f.jpg
前回でも少し触れたが、かつてスズキには湯飲みという「純正部品」が存在した。
いまは復刻版も含め廃版となっているらしい。
スズキファンの間では地味に有名だった代物。

「これオリジナル版だわ!」 by凜
295_20160503233611a3e.jpg
復刻版だと底面に「復刻版」て書いてあるらしい。
オリジナルだとプレミアが…つくのかなぁ?

積載
295_2016050323384306b.jpg
この積載方法は実際にやったら確実に落っことすのでやってはいけない。

「遙かなる直線道路!峠道もいいけど北海道ときたらやっぱこいつだよなー」 by恩紗
295_20160503234130953.jpg
確かにこういう道は日本だと北海道でもなければなかなかお目にかかれないだろう。
何もない直線道路だが、だからこそ走っておくべき。
あとは道路の真ん中に寝転んでみたりとか。

「あー、私靴紐ほどけてたわ。すぐ追いつくから先行って先」 by凜

295_201605032347085bf.jpg
レーシングブーツで靴紐とはこれいかに。

「いけー!最高速チャレンジ!」 by凜

295_20160503235216af2.jpg
やりたくなる気持ちはわかる。
公道ではもちろん違法なので、やるならこっそりと。
間違ってもツイッターで自慢したり、ユーチューブにアップしたりしてはいけない。

(轢け!轢け!ノコノコ出てきたあなた達が悪いのよ!!) by凜
295_20160503235755f69.jpg
下手に避けようとしたり、ブレーキ握りこんでタイヤロックさせると事故るので凜の判断は正しい。まあタイヤロックさせない範囲で減速はするべきだが。
最近はABSがついている車種も増えてきたので(将来的には義務化らしい)、ABSがついていればブレーキを握りこむのもいいだろう。ただしその際はハンドルを切ってはいけない。

「わかったわかった。そうムキになるなよ」 by恩紗
295_20160504000416444.jpg
ここでみんなが飲んでいるのは「ソフトカツゲン」という北海道限定の乳酸菌飲料。
もともとは軍用の栄養飲料として作られたものだったとか。
味が濃いがそこそこおいしい。一度は飲んでみるといい。
北海道の飲み物というとほかに「ガラナ」がある。コーラのようなドクペのような…まあこれも飲んでみるといい。

「おなかすいたー」 by羽音
「もう昼か」 by恩紗

295_20160504001445074.jpg
北海道名物ホタテバーガー。
私は食べたことがない。

「間に合ったー」 by羽音
「間に合ったどころじゃない。最高の一瞬だ!」 by恩紗

295_20160504002216bf1.jpg
宗谷岬。(一般人がいける範囲で)日本最北端。北海道走るならここは来るだろうというぐらい定番。
実際は海岸線の道の途中にモニュメントが建っているという感じの場所。岬という言葉からイメージ出来るような場所ではなかったりする。

「一体何がしたかったんだ、こいつは?」 by恩紗
295_20160504003251808.jpg
こんなことしたら大怪我だが、まあそこはアニメなので…

アイキャッチ「Z125 PRO」
295_20160504003913294.jpg
新しく出たカワサキのミニバイク。かつてのKSRを思い起こさせる。

「猿山先生なは50ccとはいえバイクに乗ってるし」 by恩紗
295_20160504004548c89.jpg
もはや廃車のような気もするが…
このバイクはホンダ・エイプ50。MTの原付バイク。
エイプは「類人猿」という意味。そしてこの人の名前は「猿山」。

「ビンゴ!これは運命ってやつだ。宗谷岬に着くのが遅れたのも全て神のお導きだ!」 by恩紗
295_20160504005059c18.jpg
アニメではカットされていたが、原作では網走監獄に寄っていた。
凜が着ている脱獄囚Tシャツはそこで買ったもの。

「猿山先生。今夜は一生懸命慰めちゃいますよ~」 by羽音
295_20160504005512c3b.jpg
先生が飲んでいるビールはヤマグチクラシック、と書いてあるがその元ネタは北海道限定のビール「サッポロクラシック」。

「知ってる?バイクの排気量ってアレの大きさの象徴だって」 by猿山
295_2016050400583547d.jpg
こんな下ネタ言う先生は嫌だ…
というかこれアニメでやるんだ…

「男が90ccなら女は50ccにしかまたがれないのよ」 by猿山
295_20160504020247291.jpg
こういう人は実際いる。結果的にそういう形になっただけという人のほうが多いとは思うが。

「でもさ、先生すごいよね。あんな小さなオートバイでこんな遠くまで来たんだもん。私先生に感動しちゃった」 by羽音
295_20160504010547ac7.jpg
実際エイプ50で宗谷岬まで来るのはすごい。剛の者だ。

「さぁー、北海道ツーリングの汚れを落とそう」 by羽音
295_2016050401250741b.jpg
なぜ水着かというと「濡れても気にしなくていいから」だそう。
洗車は大事なので定期的にしてあげよう。ほっとくと錆びるので。

「やめよ。オフロードバイクにとって傷や汚れは、そう!勲章なのさ!」 by恩紗
295_20160504012904abf.jpg
傷はともかく汚れは落としたほうがいい。錆びる。

「きっとカタナ400にとって凛ちゃんの愛が大きすぎたんだね」 by羽音
295_20160504013131504.jpg 295_2016050402055991e.jpg
原作では「大きすぎた」ではなく「重すぎた」だった。
アニメでは全体的に羽音がマイルド化している。
私は羽音の要所要所でナチュラルに毒を吐くところが好きなのでちょっと残念。

ちなみに凜が落ちたのは、カタナのスタンドをかけている部分の地面の土が水で緩んで、スタンドが地面にめり込んだから。
アニメでは特に描写はされていなかったが。

洗車後の雨
295_201605040138172e3.jpg
あるあるネタ。
洗車したその日の夜に雨とか。

感想
以上、5話でした。
なかなかぶっ飛んでいた回だったね。特に最後。
原作からカットされたエピソードはいくつかあったが、絶対入れてほしかった部分は全部入っていたので今回は不満なし。
センスの光る取捨選択だったと上から目線で批評しておく。
これからもこの調子で編集してくれると大変うれしい。

あーそれにしても羽音ちゃんかわいい。
 
プロフィール

クネジツノ

Author:クネジツノ
神奈川在住
趣味はゲーム
CBR250RからヤマハMT-07に乗り換えました。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Amazonアフィリエイト
フリーエリア
Twitter
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
786位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
369位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2Blog Ranking


にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
RSSリンクの表示
楽天ランキング売れ筋商品
楽天