FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ばくおん!! 勝手に解説 第5話

第5話 「つーりんぐ!!」
アニメから入った方にはわかりにくいバイクネタを原作からめて解説するよ!
第4話解説
第6話解説

原作での13話から16話に相当する。
ここで北海道ツーリングは終了。

キャンプ場
295.jpg
北海道には無料ないし格安のキャンプ場がたくさんある。
個人的にも北海道に行くならテント張ってキャンプしたほうが雰囲気が出るのでお勧め。
原作によるとここは上富良野キャンプ場。

コーヒー
295_201605032158234d0.jpg
キャンプ場で飲む一杯のコーヒーは格別の味、という風潮。あるある。
私も普段コーヒーなんぞ飲まないが、キャンプしたときはわざわざお湯沸かしてコーヒー飲んだこともある。
こういうのは雰囲気が大切なのだ。
ちなみに原作ではここで使ったコップはジーザスにもらった聖杯(スズキの湯飲み)だった。

「1、2、3、ラベンダー!」 by羽音
295_2016050322072702a.jpg
アントニオ猪木の「1、 2、 3、 ダー!」から。
上富良野のラベンダー畑は有名。

「寒!」 by凜
「夏とはいえ北海道の朝は冷え込むな」 by恩紗

295_20160503221329939.jpg
真夏でも朝は結構寒いのが北海道。
この薄着では寒いだろう。
ちなみに原作での凜は「誰かがアントニオ猪木の寒い物まねをした」というところまで勘付いていた。ニュータイプか?

「え?いやー、ちょっとお花畑が」 by羽音
「ああトイレね」 by凜

295_20160503221853ad8.jpg
「花を摘む」は女性が用を足すときの隠語。もとは登山用語らしい。
しかし今時の女子高生がこの言い回しを知っているのだろうか?
凜は意外と教養があるのかもしれない。そういえば原作でも中間テストで70点以下はとっていないと発言していた。

「キャンプなのに自炊もしないでコンビニ飯ってどうなのよ」 by凜
295_20160503223158705.jpg
自炊は雰囲気は出るが手間がかかるし荷物も増えるので、どうするかは悩みどころ。
キャンプメインなら自炊して、ツーリングメインなら自炊しない、というように自分のツーリングスタイルによって切り替えていくとよい。

「西遊記の孫悟空がお釈迦様の手の平から逃げられなかったように、北海道にいる限りセイコーマートからは逃げられん」 by凜
295_2016050322381411c.jpg
セイコーマートは北海道に拠点を置くコンビニチェーン。北海道でのシェアは断トツの一位。
ローカルチェーンと侮るなかれ、結構すごい会社だということは調べてみるとわかる。
僻地にも店があり、価格も安く、商品も北海道ならではのものが多くあったりと非常に便利。
旅行者ならば、たとえ隣にセブンやローソンがあったとしてもセイコーマートを選ぶだろう。私でもそうする。

「そういえばさ、北海道の車ってスピード速いよねー。びっくりしちゃった」 by羽音

295_20160504015411fe3.jpg
これは本当の話。原付はおろか125ccでも余裕がなかったりする。
ただし取り締まりをしていないという意味ではないので注意。
地元の車があまりスピードを出さずに走っていたら、そこは取り締まりポイントである。

「このあいだ高速道路でついに前人未到の100キロに到達したよ」 by羽音
295_201605040155166fc.jpg
前人未踏ではない(真面目なツッコミ)。
まあ最近はいろいろとうるさいので、堂々と道交法違反を宣言するわけにはいかないだろうしね。
高速道路は100キロまでです。まあ新東名では上限上がるかもしれないけど。

「でもまぁ…そうだな。スピードメーターを振り切った事なら。セローのメーターは140まで刻んである」 by恩紗
295_20160503230141181.jpg
凜も言っているが、これはメーターが壊れているだけだろう。
セローは20馬力程度しかないので、最高速は120~130キロ程度と思われる。
恩紗のセローはボロなのでこんなに出ないかもしれない。

「200km…かな…」 by凜
295_20160504015614573.jpg
カタナに限らず400ccで200キロは通常でない。
とはいえカタナ400はレーサーレプリカGSX-R400のエンジンを流用しているので、180キロか、状態が良ければ190キロぐらいまでなら出るかもしれない。

「女子高生の速度自慢は微笑ましいものですなぁ。我々200キロクラブにとっては…」 by早川
295_20160503232544ab3.jpg
ここで来夢先輩が見せている紙には「私の出した最高速度」 が書かれている。
そして先輩のZX-12Rは300キロ以上でる。
さしものナナハンでも1200ccのメガスポーツには勝てない。

「何で羽音がスズキ乗りの聖杯なんて持ってるの?」 by凜
295_2016050323295560f.jpg
前回でも少し触れたが、かつてスズキには湯飲みという「純正部品」が存在した。
いまは復刻版も含め廃版となっているらしい。
スズキファンの間では地味に有名だった代物。

「これオリジナル版だわ!」 by凜
295_20160503233611a3e.jpg
復刻版だと底面に「復刻版」て書いてあるらしい。
オリジナルだとプレミアが…つくのかなぁ?

積載
295_2016050323384306b.jpg
この積載方法は実際にやったら確実に落っことすのでやってはいけない。

「遙かなる直線道路!峠道もいいけど北海道ときたらやっぱこいつだよなー」 by恩紗
295_20160503234130953.jpg
確かにこういう道は日本だと北海道でもなければなかなかお目にかかれないだろう。
何もない直線道路だが、だからこそ走っておくべき。
あとは道路の真ん中に寝転んでみたりとか。

「あー、私靴紐ほどけてたわ。すぐ追いつくから先行って先」 by凜

295_201605032347085bf.jpg
レーシングブーツで靴紐とはこれいかに。

「いけー!最高速チャレンジ!」 by凜

295_20160503235216af2.jpg
やりたくなる気持ちはわかる。
公道ではもちろん違法なので、やるならこっそりと。
間違ってもツイッターで自慢したり、ユーチューブにアップしたりしてはいけない。

(轢け!轢け!ノコノコ出てきたあなた達が悪いのよ!!) by凜
295_20160503235755f69.jpg
下手に避けようとしたり、ブレーキ握りこんでタイヤロックさせると事故るので凜の判断は正しい。まあタイヤロックさせない範囲で減速はするべきだが。
最近はABSがついている車種も増えてきたので(将来的には義務化らしい)、ABSがついていればブレーキを握りこむのもいいだろう。ただしその際はハンドルを切ってはいけない。

「わかったわかった。そうムキになるなよ」 by恩紗
295_20160504000416444.jpg
ここでみんなが飲んでいるのは「ソフトカツゲン」という北海道限定の乳酸菌飲料。
もともとは軍用の栄養飲料として作られたものだったとか。
味が濃いがそこそこおいしい。一度は飲んでみるといい。
北海道の飲み物というとほかに「ガラナ」がある。コーラのようなドクペのような…まあこれも飲んでみるといい。

「おなかすいたー」 by羽音
「もう昼か」 by恩紗

295_20160504001445074.jpg
北海道名物ホタテバーガー。
私は食べたことがない。

「間に合ったー」 by羽音
「間に合ったどころじゃない。最高の一瞬だ!」 by恩紗

295_20160504002216bf1.jpg
宗谷岬。(一般人がいける範囲で)日本最北端。北海道走るならここは来るだろうというぐらい定番。
実際は海岸線の道の途中にモニュメントが建っているという感じの場所。岬という言葉からイメージ出来るような場所ではなかったりする。

「一体何がしたかったんだ、こいつは?」 by恩紗
295_20160504003251808.jpg
こんなことしたら大怪我だが、まあそこはアニメなので…

アイキャッチ「Z125 PRO」
295_20160504003913294.jpg
新しく出たカワサキのミニバイク。かつてのKSRを思い起こさせる。

「猿山先生なは50ccとはいえバイクに乗ってるし」 by恩紗
295_20160504004548c89.jpg
もはや廃車のような気もするが…
このバイクはホンダ・エイプ50。MTの原付バイク。
エイプは「類人猿」という意味。そしてこの人の名前は「猿山」。

「ビンゴ!これは運命ってやつだ。宗谷岬に着くのが遅れたのも全て神のお導きだ!」 by恩紗
295_20160504005059c18.jpg
アニメではカットされていたが、原作では網走監獄に寄っていた。
凜が着ている脱獄囚Tシャツはそこで買ったもの。

「猿山先生。今夜は一生懸命慰めちゃいますよ~」 by羽音
295_20160504005512c3b.jpg
先生が飲んでいるビールはヤマグチクラシック、と書いてあるがその元ネタは北海道限定のビール「サッポロクラシック」。

「知ってる?バイクの排気量ってアレの大きさの象徴だって」 by猿山
295_2016050400583547d.jpg
こんな下ネタ言う先生は嫌だ…
というかこれアニメでやるんだ…

「男が90ccなら女は50ccにしかまたがれないのよ」 by猿山
295_20160504020247291.jpg
こういう人は実際いる。結果的にそういう形になっただけという人のほうが多いとは思うが。

「でもさ、先生すごいよね。あんな小さなオートバイでこんな遠くまで来たんだもん。私先生に感動しちゃった」 by羽音
295_20160504010547ac7.jpg
実際エイプ50で宗谷岬まで来るのはすごい。剛の者だ。

「さぁー、北海道ツーリングの汚れを落とそう」 by羽音
295_2016050401250741b.jpg
なぜ水着かというと「濡れても気にしなくていいから」だそう。
洗車は大事なので定期的にしてあげよう。ほっとくと錆びるので。

「やめよ。オフロードバイクにとって傷や汚れは、そう!勲章なのさ!」 by恩紗
295_20160504012904abf.jpg
傷はともかく汚れは落としたほうがいい。錆びる。

「きっとカタナ400にとって凛ちゃんの愛が大きすぎたんだね」 by羽音
295_20160504013131504.jpg 295_2016050402055991e.jpg
原作では「大きすぎた」ではなく「重すぎた」だった。
アニメでは全体的に羽音がマイルド化している。
私は羽音の要所要所でナチュラルに毒を吐くところが好きなのでちょっと残念。

ちなみに凜が落ちたのは、カタナのスタンドをかけている部分の地面の土が水で緩んで、スタンドが地面にめり込んだから。
アニメでは特に描写はされていなかったが。

洗車後の雨
295_201605040138172e3.jpg
あるあるネタ。
洗車したその日の夜に雨とか。

感想
以上、5話でした。
なかなかぶっ飛んでいた回だったね。特に最後。
原作からカットされたエピソードはいくつかあったが、絶対入れてほしかった部分は全部入っていたので今回は不満なし。
センスの光る取捨選択だったと上から目線で批評しておく。
これからもこの調子で編集してくれると大変うれしい。

あーそれにしても羽音ちゃんかわいい。
 
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
Twitter
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
1319位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
622位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2Blog Ranking


にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
RSSリンクの表示
楽天ランキング売れ筋商品
楽天
サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。