FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ばくおん!! 勝手に解説 第2話

第2話「がっこう!!」
アニメから入った方にはわかりにくいバイクネタを原作からめて解説するよ!

第3話解説
第1話解説

原作での4話から6話に相当する。若干エピソードが前後しているが流れは同じ。
羽音が免許をとるところまでですね。

一本橋
292.jpg
実技科目の一つ。低速走行の試験で、規定以上の時間をかけて一本橋を渡り切る。
実技科目は他にスラローム、S字、クランク、急制動、坂道発進などがある。

「お父さんな、また大型二輪の一発試験落ちたんだ。中には教習所にお金を払って免許を買ってる軟弱物もいるけどあんなものは本物の大型免許じゃない」 by凜パパ
第1話の記事でも少し触れたが、かつて大型二輪免許は一発試験以外では取れなかった時期がある。どうやら暴走族対策だったらしい。
のちにアメリカ(ハーレー)が圧力をかけてきて教習所でとれるようになるのだが、この時の影響で「教習所でとった免許は本物じゃない」という風潮が一部で存在した。
今でも四輪ではAT限定免許が見下されることがあるが、それと似たようなものだ。
とはいえ今時そんな時代錯誤なことをいうやつはいないので、気にせず教習所でとるのがおすすめ。

「お父さん、本物の免許で本物のバイク、本物のカタナに乗りたいんだ。こんな400ccの偽物じゃなくてな」 by凜パパ
292_2016042123263859b.jpg
初代カタナはGSX1100S、つまり1100cc。カタナ400は初代のデザインを忠実に再現したボディにGSX-Rのエンジンを積んだモデルなので、本物に対するレプリカのような存在ではある。

「今度ヨシムラという会社がチューンした究極のカタナ。1135Rが発売されるんだ」
「ところがだ。そのバイクを買うためには作文が必要なんだ。その作文に綴られた、カタナに対する思いが認められた人しか1135Rは買えないんだよ」 by凜パパ

292_20160421235236b0c.jpg
5台限定でヨシムラが発売したコンプリートマシン。作文が必要だったというのもどうやら本当の話らしい。

カタナ400のナンバープレート
292_20160427005217151.jpg
「0-81」
おっぱい…かな?

ツナギ
292_2016042701002251f.jpg
レーシングスーツのこと。確かに安全性は高いがレースのとき以外でこれを着るやつはそうそういない。

「アニメステッカーバリバリの痛スクーターでもだ!」 by恩紗
292_201604270116238a6.jpg
痛スクーターとは、アニメステッカーなどを貼った「痛い」スクーターのこと。
いわゆる痛車。二輪よりむしろ四輪のほうが目立つ。
バイクは貼るところ少ないからね。

「名車・初代1100カタナを忠実に再現したスタイル。性能重視で積まれた水冷エンジン。カタナの兄弟の中で最も遅く発売されたが故の完成度」
「もはや400カタナこそが真のカタナと言っても過言ではない!」 by恩紗

292_20160422003649170.jpg
盛ってはいるがあながち間違ってはいない。大型カタナは人気は高かったものの、「重い」「曲がらない」「止まらない」といわれ、走行性能は決して高いとは言えなかった。
乗り物としての完成度は400カタナほうが上といえる。
ちなみに水冷エンジンとは冷却水を使って冷却するエンジンのこと。1100カタナは冷却水を使用しない空冷エンジン。
400カタナは高性能マシンであるGSX-R400の水冷エンジンを転用して開発された。

「いやぁ400カタナは褒める所がなくて苦労するわ。1100カタナと見間違われるのが唯一の長所なんてかわいそうとしか言えねぇ!」 by恩紗
292_20160422005216067.jpg
いいすぎ。上にも書いたが400カタナは決して悪いバイクではない。それなりに人気もあった。
だがやはり1100カタナに対するコンプレックスがあったのだろう。見た目そっくりだからね…

「嘘じゃないよ!凛ちゃんのオートバイかっこいいよ!」
292_2016042201071501d.jpg
1100カタナのデザインは人気があったのは事実。だからこそ下の排気量でシリーズ展開もされたし、今でも復刻を望む声がある。
1100のスタイルに近づけようとしてハンドルを交換した750カタナが警察に取り締まられる「カタナ狩り」なんてのもあった。

アイキャッチ「GSX-S1000」
292_20160422011200b9b.jpg
流行りのリッターストリートファイター。

「走ってたらヤマハのJOGがバトルを仕掛けてきたの。バカよね~。50ccなんかが私のカタナの相手になるはずないのに」 by凜
292_20160427012709f5e.jpg 292_2016042701280316d.jpg
ヤマハ「ジョグ」。ごく普通の原付スクーター。

「1年B組三ノ輪 聖。バイク部に入部したいんですけど」 by聖
292_201604220121475e9.jpg
名前の由来はサイドカー(三輪車)から。
ちなみにB組のBはブルジョワのことらしい。

指相撲
292_20160422014612cdd.jpg 292_20160422014507066.jpg
原作では相撲をしていた。変更の理由は不明。作画が簡単だから?

「よりにもよってドゥカティ…それも希少な750SSイモラレプリカ?」
292_201604220141228a3.jpg 292.png
世界限定300台・日本限定25台しか発売されなかった希少車。早川の持ち出しである。
所持してるほうも大概だがこれを知ってる恩紗もすごい。

ちなみに原作ではMVアグスタ F4セリエオロに乗っていた。こっちは聖の祖父のコレクション。
のちに750SSイモラレプリカに乗り換えることになるのだが、アニメでは最初からドゥカティに乗ってくる。
なぜ変更になったのだろうか?
MVアグスタが倒産したからかもしれない。あそこいつも倒産してんな。

横にくっついているのがサイドカー。側車とも。今じゃお目にかかることはまずないけどね。
ちなみにバイクのことを単車ということがあるが、これは側車に対する言葉として使われたもの。

凛のヘルメット
292_20160422222624175.jpg
Araiのフルフェイス。フルフェイスとは顎まで覆うタイプのヘルメットのこと。
アライはショウエイと並んで有名なヘルメットブランド。レーサーもよく使っている。

「私はね、スーフォアはスーフォアでも教習車仕様なのよ。(中略)市販車よりパワーを落とされてるの」 byバイ太

292_20160422224138cf5.jpg
教習車仕様のCB400SFはそれ用に生産されている。市販車とは形式番号も違う。

・「特徴であるHYPER VTECも外された。そう、去勢されたのよ!」 byバイ太
ハイパーVTECとは回転数によって2バルブと4バルブを切り替える機構。低回転域は2バルブで燃費を良くし、高回転域では4バルブでパワフルな出力特性を実現する。ただし教習車は常時2バルブ。
スーフォアのほかには他にはVFR800Fなどに搭載されている。

「インジェクション仕様の新しい教習車が来たぞ」
292_20160422225151233.jpg
インジェクションとは燃料供給装置のこと。かつてはキャブレターが使われていたが、現行の車種は原付でもインジェクションである。電子制御であるインジェクションでないと年々厳しくなる規制を通せないのだろう。
CB400SFの場合、2008年からインジェクション仕様に切り替わっている。
ちなみに四輪ではとっくの昔にインジェクションに移行している。

「君新型は初めて?大丈夫。操作は変わらないよ」 by試験官
試験車両が今まで乗っていた教習車両とは別になるというのはよくあること。操作自体は変わらなくともクラッチミートの位置が違ってたりするのでけっこう戸惑う。
292_20160423013743c49.jpg

「スタンドかけたままギアを入れるとエンジン止まるよ」 by試験官
292_20160423014301c5a.jpg
これは結構よくやってしまう。ただ教習所ではスタンドを払ってから乗車しろと教えられるので、教習試験でこのミスをするのは珍しいかも。

「足を閉じ…あっ…あれ。落ちない」 by羽音

292_20160423014930f02.jpg
いわゆるニーグリップ。タンクを太ももで挟むことで車体が安定する。
あまり意識しすぎても変に力が入ってしまい良くないのだが、教習所ではやたら強調して教えられる。
スクーターは車体形状的にニーグリップが出来ないゆえに、一本橋が難しい。
AT限定のほうが難しいといわれる所以の一つである。

「それでは結果を発表します。ええと、あー、全員合格ですね」
292_20160423020428f3d.jpg 292_20160425232151959.jpg
原作にて、凛は二回落ちている。
どれだけ落ちるかは人によるのでなんとも言えない。私は運動神経は鈍いが検定は一発で合格した。延長もなし。過度に恐れる必要はない。

以上、2話でした。
カタナの存在は知っていたが、1135Rは知らなかった。
カタナも最近はめっきり見かけることが少なくなってしまったが、見ればすぐにカタナとわかるデザインはやはり優れていると思う。個人的にも結構好きなデザイン。

 
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
Twitter
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
917位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
437位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2Blog Ranking


にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
RSSリンクの表示
楽天ランキング売れ筋商品
楽天
サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。