スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

折りたたみ自転車選び その1

乗りもしないくせに自転車が欲しくなるのはもう病気なのかもしれない。
私の場合車とかバイクでも同じような感じだけど。所有するだけで満足、みたいな。

さておき自転車が欲しくなったんです。折りたためるやつ。
車を買おうと思っていて、そしたら折り畳み車なら車に積めるじゃん、と思って。
車で移動して、現地についたら自転車で移動する。そんな使い方が出来ると素敵やん。妄想だけで実際にやることはほとんどないと思うけど、でも欲しくなったんだ。

というわけで早速サーチ開始。
自転車は選んでいるときと、カスタム内容を考えているときが一番楽しい。

とりあえず小径車で主流の20インチ(406)で探してみた。

まずはDAHON。ダホンといえば言わずと知れた世界最大の折り畳み自転車ブランド。
候補はRouteVybe D7
 
ダホンのエントリーモデル。
この二車種、見てのとおり大して変わらない。
なぜ似たようなラインナップがあるのかというと、現在ダホンではジャパンモデルとインターナショナルモデルの二系統があるのだ。ルートがジャパンでヴァイブがインターナショナルである。
チェーン店ではインターナショナルが多く、個人店だとジャパンが多い。

さらに下にSUV D6やMistがあるが、正直微妙。特にSUVはハイテンフレームだし。

ダホンならやはり最低でもルートやヴァイブ以上がおすすめ。ボードウォークとかもいいね。

次。Tern。ダホンの派生ブランド。ダホンとは微妙に違うが、大体同じだ。
候補は Link B7

ターンのエントリーモデルだが、ルートやヴァイブと何が違うんだよと言いたくなるレベル。
ぶっちゃけ大して変わらない。

さらに似たのとしてDAHON OEMというのがある。以前はいっぱいあったが最近はあまり見なくなった。
OEMなので作ってるのはダホンで、それが違うブランド名で売られているというだけの話。
yeahとかが有名らしい。見たことないが。
 
左がyeah スティンガーで右がDAHON Mist。サドルとかハンドルポストとかが微妙に違うが、細かいところ以外はそっくりだ。
基本的にはOEMモデルのほうが安く設定されているので、コスパはいいかも。

ただ落とし穴もあるので注意。
例えばyeah トリップはDAHON BoardwalkのOEMだが、かなり値段が違う。よく見ると変速段数が少なくなっていたり、フレーム材質がクロモリからハイテンへ落とされていたりと、パッと見は同じように見えてもグレードダウンが顕著だったりするのでよく調べたほうがいいだろう。

一方でFIAT AL-FDB140 MobillyのようにDAHONブランドでは展開してないような車種もあるので、探してみると面白いかも。


そしてDAHONモドキも紹介しよう。
これはダホンのパテントを使用しているのでダホンに似ているが、OEMではないのでダホンが作っているわけではない車種のこと。
これはいっぱいある。まぁ折り畳み自転車なんてどっかしらにダホンの特許が使われているものなんだけど、特に顕著なものでかつ気になったものを紹介。
サイクルベースあさひ(CBA)のオリジナル商品、アルブレイズ。

この値段で8速は評価したい。泥除けはついていないが、個人的にはどうでもいい。
ただ気になるのはスレッドヘッドであるというところか。いまではダホンもほとんどがアヘッドに移行したことを考えるとマイナスポイントかな。折り畳み車ならあんまり関係ないといえば関係ないんだけどね。

GIC Ferrari F207A

別にフェラーリが作っているわけではない。ただの名前貸しである。
カーブランドの車種は地雷と言われることもあるが、はっきりって車種による。見極めが重要。
これは7速だがアルブレイズと違いアヘッドだ。多分。
アルミフレームだし、この内容でこの価格ならコスパはいい。ただ色が派手だな。

ダホンモドキはほかにもいっぱいあるのだがキリがないのでこの辺にしておこう。

最後にダホン系以外の折り畳み車。
これは結構ギャンブルというか、中には本当にロクでもないのがあるので、注意しよう。
ドッペルギャンガーやWACHSENなどがお値段お安めで人気があるようだが、いまいちピンとこない。
コスパでいえば悪くないんだけど、ここまで行くとダホンと比べて格が下がりすぎなんだ。私はもう一つ上のグレードを考えているのでちょっとな。

めぼしいところで行くとブリヂストン シルヴァ F6Fぐらいか。

なんだかんだ言ってブリヂストンはよく出来てると思う。たいていの自転車店で扱いがあるので、アフターサポートも心配ないしね。
ただこの値段で6速ってのがネックか。上級モデルのF8Fはかなりかなり価格が上がってしまうしねぇ。
泥除けはオプションだがライトとワイヤーロックが付属している。

候補はこんなところか。
次回はここから絞り込んでいく。
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

No title
DAHONのフレームはFD台座がついてるのと付いてないのがありますから、FDつけるきがあるなら要注意です。
クネジツノ">
Re: No title
FDは今のところつける予定ないので大丈夫です。

DAHONはシートチューブが太くてバンド式のディレイラーがつかないらしいですね。
カスタムするときは色々と注意しないといけないブランドですね。

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
Twitter
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
733位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
353位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2Blog Ranking


にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
RSSリンクの表示
楽天ランキング売れ筋商品
楽天
サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。