FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

バーエンド交換

バーエンド交換しました
e225P2140235.jpg

厳密に言うとこれはハンドル交換のついでなのですが…
まぁそれは今度記事にするとして今回はバーエンドだけ。

そもそもなんで交換することにしたのかというと、バイク倒して傷つけちゃったからw
e225P2140227.jpg
しばらくそのままにしておいたから思いっきり錆びてます(汗
あ、言うまでもなく純正は右側です。

使ったのはこちら


別に純正でも良かったのですが、まぁ折角だということで。
専用品なのでポンづけです。
アルミのやつとかもあったけど、下手に軽くすると振動が増えそうだったのでこちらにしました。
理由はサイズと重量が純正とほとんど変わらず、かつ六角穴付ボルトだったため。

交換方法ですがバーエンドのネジを回すだけです。
e225P2140234.jpg
と、文章にすると簡単ですが実際はてこずるかも。

というのもこのネジにはネジロック剤が使われているので固いのです。下手なことするとネジなめます。なめたらそこで試合終了ですよ?

また、それに加えてバーエンドを固定する必要があります。固定しないとネジと一緒にバーエンドも共回りするからです。マジ勘弁。

私は一人でなんとか出来ましたが、出来れば二人がかりでやった方が良いかも。

一応ポイントを挙げると、

基本的なことですがまず正しいサイズのドライバーを使うこと。確か3番のプラスドライバーだったはず。
メガネレンチをかけることのできるタイプだとなおよし。

バーエンドをしっかりと固定します。私はウォーターポンププライヤーで固定しました。当て布しても傷つきましたが、どうせ交換するんだし~

この状態でドライバーを思いっきり押しながらメガネをクリっと回す。大抵はこれで外れるはず。

他にもネジをライターで炙ってロック剤を柔らかくする。貫通ドライバーで叩いてネジを緩ませる。ショックドライバーを使う、といった方法があります。

試してみて駄目なようならおとなしく店にもってった方が良いでしょう。
電動(エア)ツールは下手すると一発でネジをなめる可能性があるのであまりおすすめしません。

いずれにせよヤバイと思ったら諦めるのが肝心。ネジ穴潰すと本当に面倒です。
その状態でお店に持ってくと、店員さんは内心で「素人が余計なことしやがって。クソが」とか思うに違いありません。多分。それぐらい面倒です。


今回、六角穴付ボルトのバーエンドにしたのは、そういう理由が大きいです。というか最初っから六角穴付ボルトにしておいてほしいよね。

そしてすべて交換した後で純正バーエンドにボルトだけ六角穴付に交換するという手もあったなぁ、なんて思ったり。後の祭りか。まあ勉強になったし、いいさ。
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
Twitter
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
917位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
437位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2Blog Ranking


にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
RSSリンクの表示
楽天ランキング売れ筋商品
楽天
サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。