オタライダーの戯言 2016年05月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ばくおん!! 勝手に解説 第8話

第8話「ふゆやすみ!!」
アニメから入った方にはわかりにくいバイクネタを原作からめて解説するよ!
第7話解説
第9話解説

原作での24話から28話に相当する。
すでに原作での4巻に突入。
飛ばしてるなぁ。

「うは~。寒い寒い寒い」 by恩紗
298.jpg
冬。季節感のないアニメだな。

「冬の朝だけはバイクって乗り物を恨むよ。こうやって温めないとエンジンかかりにくいんだよね~」 by恩紗
298_2016052422471430a.jpg
キャブ車の冬場の始動性はすこぶる悪い。古いバイクはなおさら。
熱湯をかけないと駄目なレベルなのはレアケースだとは思うが。
今のバイクはインジェクションなのでここまで始動性は悪くない。古いバイクでなければ一発でかかるだろう。

チョーク
298_20160524225959613.jpg
燃調を濃くする装置。
キャブ車には大抵ついている。冬はこれを使わないとエンジンかからない。
インジェクション車にはついてないので今の若いライダーは知らない人も多いかもしれない。

エンジンかからない
298_201605242254536d5.jpg
よくある。
本当は軽くアクセルをひねってやるといいのだが、それでもかからないときはかからない。

キック
298_2016052422575633b.jpg
原付やオフ車はキック始動が出来る車種も多い。バッテリーが弱ってセルが回らないときなどに使う。
キックしたところで確実にかかるわけではなく、冬などは何度もキックする羽目になる。

「今日も暑いな」 by恩紗
298_201605242314483ab.jpg
冬は基本的に厚着をしているので、キック連打の後は暑く感じるのだ。かなり汗もかく。
これは実際にやってみるとよくわかる。

「まさか偽造じゃ…」 by恩紗
298_20160527003330d6d.jpg
フルビット免許。
この免許を作るには単にすべての資格があるだけでは駄目で、順序を考えて取らなければならない。
たとえば大自二を先に取ってしまうと普自二は取れなくなってしまう。

プロテクター装備
298_201605270042163a0.jpg
プロテクターの前にスカートやめて、グローブつけたほうがいいと思うが。
ヘルメットは原作ではMOMO DESIGNのシステムヘルメットだった。

「聖~!ホンダ・スーパーカブだ」

「エンジン絶好調!頑丈低燃費!世界で最も売れたバイク~!」 by恩紗
298_20160527010001383.jpg
ホンダの名を世界に知らしめた名車。
世界で最も売れたバイクとしてギネスにも登録されている。
50年以上基本設計を変えずに売られ続けたバイクでもある。
今はフルモデルチェンジしてしまったが、ちゃんとラインナップされている。

「東南アジアじゃこれが一家全員乗れるリムジンであって荷物を運ぶトラックなんだぜ!世界にどれ程の自由をもたらしたことか!」 by恩紗
298_201605270103397b7.jpg
大げさではなくその通り。画像では4人乗りしてるが、これも誇張ではない。
また、向こうのカブは独自の進化をしてて、結構いろんな車種があるので、調べてみると面白い。

「クラッチなし、3速ギア。こがなくていい分自転車より簡単なもんだよ」 by恩紗
298_20160527010854fbe.jpg
カブは自動遠心クラッチなのでクラッチ操作が必要ない。ただし、ギアチェンジは手動操作。
免許のATとMTはクラッチ操作の有無で別れるので、その意味ではATの区分に入る。

(私自慢ではありませんが自転車にもまだ乗れませんのよ~) by聖
298_20160527011247a58.jpg
その場合は流石に自転車から練習したほうがいいと思うが…

「スピードに乗ったらアクセル戻して2速に!」 by凜

298_201605270116574b5.jpg
通常バイクのチェンジペダルはつま先で操作するが、カブはシーソーペダルといって踵でも操作できるそうになっている。これは靴を傷めないための措置。
今回の場合、2速から1速に落としてしまったのでウィリーした。なぜ1速に落としたのかはわからないが。操作ミスか?
まあ普通はこの程度の操作ミスでウィリーなんてしないが。

スレッジハンマー

298_20160527012628013.jpg
原作ではバイクの引き起こしが出来なくて教習所に入れなかったといっていたが、こんなものを振り回せる筋力があるなら引き起こしなんて楽勝だろう。

「なぜ…?こんなにされて、まだ動きますの…?」 by聖
298_201605270133024b1.jpg
カブの頑丈さは折り紙付き。
嘘か真かいろんな伝説がある。
二階から落っことしても動いたとか、エンジンオイルの代わりにサラダオイル入れても走ったとか。

「筆記試験だけで取れる免許があるのですわ」 by聖
298_201605270138498ed.jpg
原付免許は簡単に取れる。
筆記試験だけと言っているが、実際には実技講習もある。

「というより目立ちすぎじゃない?あの補助輪」 by凜
298_20160527014254067.jpg
補助輪つけたら逆に乗りにくいと思うが…

アイキャッチ「トリシティ125」
298_2016052701444465d.jpg
フロント2輪の斬新なスクーター。
安定性が高いらしいが、自立はしないらしい。一回乗ってみたいが、走っているのを見たことがない。

「なぁ凛。レースの賞金でヨシムラサイクロンでも買うか?」 by恩紗
298_20160528222529079.jpg
ヨシムラジャパンは二輪パーツ販売で有名な会社。
色々なメーカーのバイクのパーツを出しているが、スズキと関係が深いためスズキ車のパーツが豊富。
凛パパのカタナ1135Rもヨシムラのコンプリートマシン。
ヨシムラサイクロンはヨシムラの出しているマフラーのこと。

「そして本物のサンタだと証明してプレゼントを渡して次の国の子供の所に行くんですの」 by聖
298_2016052822403698b.jpg
国際サンタクロース協会が認定する公認サンタクロースのこと。世界で約120人ぐらいいるらしい。
公認の資格を取るには笑っちゃうぐらい厳しいハードルを突破しなければならない。

「そんなおかしな格好の人に言われたくないな」 byジーザス
298_201605282251035bb.jpg
ジーザスは原作未登場。
アニメはジーザスの出番が多い。

「スーフォアの鍵見つかんなくて予備の鍵で来ちゃった」 by羽音
298_201605282300078be.jpg
死亡フラグ。
某漫画では同じ行動をとったキャラが事故死した。
まあ、そいつが乗ってたのはカタナだったけど…

(さすがに手に当たる風が厳しい~。秘密兵器電熱グリップ温度上げちゃえ~) by羽音
298_20160528230343df7.jpg
電熱グリップはあったかくなるグリップのこと。
冬はとにかく手が冷える。
胴体は厚着すればどうにかなるが、手袋は厚くするとバイク操作が出来なくなるから。
最強は電熱グリップとハンドルカバー。こたつ状態になる。

ヒューズ電源
298_2016052823073775c.jpg
電源コードが伸びててそこから電源をとれるヒューズのこと。
電熱グリップと電熱インナーの電源はここからとっていたのだろう。
ただし電力が大きくなるとヒューズがとんで通電しなくなる。

「寒いよ~!!」 by羽音
298_20160528231231889.jpg
冬の高速は死ねる。
夏の渋滞と並んでバイクの苦行である。

「エンジンの熱がこんなにありがたかったなんて初めて知ったよぉ…」 by羽音
298_20160528231442887.jpg
これはよくやる。
フルカウルじゃ出来ないけどね。

感想
以上、8話でした。
かなりの急ぎ足。
うまく編集していたとは思うが、省略されたエピソードはかなり多い。
なので原作買って読もう!

 
スポンサーサイト
プロフィール

クネジツノ

Author:クネジツノ
神奈川在住
趣味はゲーム
CBR250RからヤマハMT-07に乗り換えました。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Amazonアフィリエイト
フリーエリア
Twitter
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
853位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
382位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2Blog Ranking


にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
RSSリンクの表示
楽天ランキング売れ筋商品
楽天
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。