スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ハブダイナモとライト

さて私の自転車にハブダイナモがついている事は前回紹介したが、肝心のライトがない!
ライトがなければハブダイナモなどただの重りでしかない。

とりあえずということでフラッシュライトで有名なGENTOSの閃をもっていたので、アダプターを買ってそれでハンドルにつけていた。
ちなみに私の閃はSG-305という既に廃番になってしまったやつだが、今は最初からアダプター付きの閃があるのね。別にいいんだけどさー


アダプターは意外に安く売ってた。こういうのバラで売ってくれるのは助かるね



まぁ別にこれでも良かったんだけど折角ハブダイナモがついてるんだから、ダイナモライトつけたいじゃない?

一般的な軽快車についているハブダイナモ(サンヨーとか)はJ1端子といって端子(コード)が一つのものが多い。
シマノはJ2端子という端子が二つのものに主軸を移したので、コードが二つあるのはシマノハブないしシマノライトである場合が多い。

ちなみにJ2端子のハブダイナモにJ1仕様のライトをつける事も出来たりする。
要するにコードの一本はマイナス線なわけだから、アースが別にとれてるならマイナス線はわざわざダイナモに接続しなくてもライトは点く。
ライト本体でアースをとっていてコードが一本しかないJ1仕様のライトならそのプラス線だけダイナモにつなげればいいわけだ。

じゃあわざわざマイナス線をハブダイナモにつなげる意味はあるのか?って感じだが一応そうした方が効率が良くなる? らしい…
実は良く知らない。てへぺろ

前置きが長くなったがスポーツ車についているハブダイナモはE2端子といって日本ではマイナーな存在の型式になる。私のもE2端子だった。
e217DSC_0138.jpg
E2端子のライトなんて店で売っているのを見たことない!
頼りのシマノはE2端子のライトはほとんどラインナップされていない。なんだこれ?
E2仕様のハブダイナモはたくさんラインナップされているのになんでライトはないのだろう?意味が分からん。
あってもめちゃ高いし。

ちなみネットで調べたらJ2仕様のライトを小加工することでE2端子につけることができるようになるらしい。
加工といっても要するにカプラをちょん切って被覆を剥いてやればいいだけのようだ。

あぁ、これなら選択肢は広がるな。

長くなったので後編に続く
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
Twitter
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
759位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
355位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2Blog Ranking


にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
RSSリンクの表示
楽天ランキング売れ筋商品
楽天
サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。