スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

レインウェア選び

これからの梅雨の季節に向けてレインウェアを選びたいと思います
いや、持ってたんですけどね。先日どっかいっちゃったんですよ。モーターヘッド(2りんかんのPB)のレインウェア。
雨の日でもバイク通勤なので早々にレインウェアを手に入れないとマズイのです。

レインウェアを選ぶポイントは5つ

1.防水性
レインウェアである以上、防水性能なんてあってあたりまえです。これに関しては少なくともバイク用を謳っている製品なら問題ないでしょう。バイク用でない場合だと裾や袖口がぬれたり、ジッパー部から浸水してきたりするからです。それと股間の部分も滲み易いところです。

2.耐久性
私はレインウェアは消耗品だと考えていますが、それでも何回か使っただけですぐ浸水してくるようでは話になりません。撥水効果の持続力やシーム部の耐久性はチェックしておきたいポイントです。通勤に使っても3年ぐらいは持ってほしいものです。

3.透湿性
レインギアには防水透湿素材というものが良く使われます。これは水は通さないけど水蒸気は通すというもので、要は蒸れにくくなるものなんです。防水素材としてよく使われるPVCは透湿性なんてないので、出来ればPVCのものより防水透湿素材のものを選びたいところです。防水透湿素材で有名なのはゴアテックスですが、ほかにもゴールドウィンのGベクター、RSタイチのドライマスター、ラフ&ロードのデュアルテックスなどいろいろあります。

4.収納性
ずっと着ているなら考えなくていいんですが、なかなかそうはいかないですよね。鞄にしまうということはいくらでもあるでしょう。そうなったときにかさばるものだと邪魔になるので、なるべくコンパクトになるものを選びたいです。収納性って製品によって結構違うものなんですよ。コンパクトを謳うものだとウェアの内側にメッシュとかがないものが多いですね。

5、価格
上にも書きましたが、レインウェアは消耗品だと思ってます。長く使っていけば撥水しなくなるし水が滲みてくるようになります。転倒などで破れたりなんかしたら一発で終了です。そうなたら買い換えるしかないですから、あまりに高価な物を買うのはもったいないです。個人的には実売価格で15000円ぐらいが限界だと思ってます。ゴアテックスとか使ってるやつは二万越えたりするのでちょっと手がでないですね。


さて以上の事を踏まえたうえで3つの製品に絞りました


ラフ&ロード RR5232 デュアルテックスコンパクトレインスーツ
GOLDWIN GSM12819 GWS Gベクター2コンパクトレインスーツ
RSタイチ RSR035 ドライマスターX コンパクトレインスーツ

どれも防水透湿素材を使っており、かつコンパクトに収納できるタイプです。正直どれでも良かったんですが、ネットではドライマスターの評価が高かったので(価格が高いので当たり前と言えば当たり前か)ドライマスターにしてみることにしました。
まだ届いてないので、使ってみてまた感想を書いてみたいと思います。
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
Twitter
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
759位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
355位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2Blog Ranking


にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
RSSリンクの表示
楽天ランキング売れ筋商品
楽天
サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。