FC2ブログ

カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「車 」カテゴリ記事一覧

楽天バナー

水なし拭くだけ洗車シート 比較してみた

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

PROSTAFF ミスターマジックウェットクロス  S-54
価格:398円(税込、送料別) (2019/3/25時点)


水なしの拭くだけでワックスがけまで出来るウェットシートってありますよね。多分、一番有名なのはSOFT99のフクピカだと思いますが、まー似たような商品が色々とあるわけでして、ちょっと比較してみました。フクピカはないんですけども。

DSCPDC_0003_BURST20190322144849723_COVER.jpg
右が100円ショップとかで売ってる安いやつ。
真ん中がプロスタッフのミスターマジックウェットクロス。大体フクピカと同じぐらいの価格。
左はドンキのPB品、日新商会というところが作っている模様。ミスターマジックよりちょっとだけ安かった。

これらを花粉飛び交うこの時期の雨で、めちゃ汚くなった車のボンネットで試してみました。
DSC_0071.jpg

まずは98円の安いやつ。
DSC_0077.jpg
汚い!
拭き跡が思いっきり残ってます。これじゃあいくら拭いてもきれいになりません!
シート自体も小さいし、拭いているとすぐ乾く。
はっきり言って論外。安物買いの銭失いですね。

次にミスターマジック。
DSC_0076.jpg
拭き跡も残らず、キレイになりました。正直、謳い文句の光沢に関しては微妙ですが、汚れが落ちてきれいになるなら、それで十分かな、と。

最後にドンキPBの情熱価格。
DSC_0075.jpg
うーん、若干の拭き跡が残る…。
シートの拭き心地、乾き具合に関してはミスターマジックとさほど変わらない。
98円と比べればはるかにマシだし実用レベルではあるが、価格差があまりないことを考えるとコスパは微妙。
積極的にこっちを選ぶ理由もないか。

まとめ
というわけで、この中ならミスターマジックが一番いいという結果に。
100円ぐらいで売ってるやつは全然ダメです。使い物になりません。
似たような商品でも比較してみると違いは見えてきますね。

次は絶対王者、フクピカと比較したいですね。


スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ハスラー 安全装備

さて前回ハスラーを契約したところまで記事にしたので、今回はハスラーとはそういう車なのかを記事にしたいと思う。
ちなみに契約したのはJスタイルIIターボ2WD
color5.jpg

ターボが欲しかったのは前回記事のとおり。
SUVスタイルだから4WDにしようかなとも思ったんだけど、雪もめったに降らないし、別に山道走るわけでもないので燃費と重量と費用を考えれば2WDでいいかと。

思ったのは「全部入り」ってこと。「僕の考えた最強の軽自動車」感がある。

まぁとりあえず装備をライバル車と比較してみよう。以下はすべて軽の枠内での比較です。
軽を作っているのは他にダイハツとホンダと三菱・日産連合だね。


まず、自動ブレーキについて。
今では軽にも大半が装備されているようだが、結構性能差がある模様。ざっと調べてみた。

まずホンダと三菱・日産はレーザーレーダー式のようだ。それとダイハツのスマートアシストとスズキのレーダーブレーキサポート。これはいわゆる簡易型で性能は大したことない。
しかもホンダはオプション設定である。うーん。

対してダイハツのスマアシ2とスズキのデュアルカメラブレーキサポートは光学カメラを採用してより高性能。
基本性能向上のほか歩行者検知・車線逸脱警報などの機能もプラスされている。

というわけで採用は一部車種のみとはいえ現時点ではダイハツとスズキが先行している模様。
この機能に頼るのはよくないと思うが、来年からはこの機能の有無によって任意保険料が減額される見通しで、しかも性能によって減額率が変わるという噂もあるので、さらに重要度が増してくると思われる。
ちなみにハスラーは上位グレードにDCBSが標準装備である。やるじゃん。


次。全方位モニター
後方だけでなく側面や前方の映像を映すことのできる機能。映像を組み合わせて車の真上から俯瞰したような視点も出すことができる。駐車時に便利だね。
日産のCMで初めて見たとき結構衝撃的だった記憶がある。

これを採用してるのは三菱・日産とスズキのみ。ホンダは普通車には採用しているが軽にはまだな模様。
スズキはメーカーオプションのナビ(メモリーナビ)必須だが、三菱・日産はルームミラーに映すのでナビは必須ではない。
自由度という点では三菱・日産のほうが上か?
ナビと一体化している分(ナビをつける前提なら)コスパはスズキが上と言えるかも。
一長一短かな。ハスラーもオプション設定されております。
メモリーナビ、結構高機能っぽいのでよさげな感じです。少なくとも酷評されているマツダコネクトとかよりはマシなのではないでしょうか。
ハスラーは上位グレードにオプション設定で約13万弱。まあ、安くはないけど高くもないか。


最後にハイブリッド。
すなわち電気モーターのアシスト機能のことだが軽では現状スズキのみが採用。S-エネチャージがそのハイブリッド機構の名前だ。
いわゆる簡易式で安価ではあるもののモーターのみの走行はできないし、正直走っててもあまりよくわからないのだが。流石にプリウスと同じようにはいかない。
とはいえ燃費はよくなっているしアイドリングストップもかなり自然になるので、決して無意味なシステムではない。
割と最近出てきた機能だけど、現在のは改良型らしい。最初のは最大6秒しかアシストしなかったのが今のは30秒に伸びてるとかいう話。ふーん。
スズキが燃費で他社を引き離しているのはこのシステムによるところが大きい。
おまけにエコカー減税の適用によりコストがさらに圧縮される点も見逃せない。任意保険も会社によってはエコカー割引が適用されることもある。結構メリットの多いシステムと言えそうだ。
無論、採用されるのは一部車種、上位グレードのみではあるが。ハスラーは上位グレードが搭載している。

以上。目玉となる機能の紹介でした。
こうしてみるとスズキって先進装備を積極的に取り入れているメーカーだということがわかるのではないだろうか。
まあスズキでもこれらの装備全部ついてるのはハスラーやスペーシアぐらいなんだけどね。車種は順次拡大されていくとは思うが。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

車選び

ついに車を契約する時が来た。
いままでバイク一筋だったが、そろそろ必要かなと。
バイクは降りないけどね。

とはいえもちろん薄給なので車は軽限定。ただし新車。
私は、というか家族通して中古車を買うという観点がない。なぜだろうね。

絶対に欲しかったのがターボ。乗ったことはないんだけど、だからこそ乗ってみたいという気持ちが強くて。
憧れみたいなのがある。だからこその軽。

バレーノに1000ccターボがあるらしいけど3ナンバーだし除外。
ホンダ、トヨタも低排気量ターボを投入する予定らしいが、まあまだ先の話だね。
でも5年後は面白いことになってるかもしれない。

まあとにかく今回は軽ターボで、ということで考えてたのがアルト。
ワークス復活はときめいたね。
works.jpg
でもディーラーに行ったらMTじゃないならターボRSのほうがいいと言われ、調べてみると確かにその通りだなと思った。
値段がかなり違うし、バックカメラがRSはメーカーオプションで安くつくけどワークスはディーラーオプションで高くつく。
ワークスは足も固く普通に乗るならRSのほうが乗り心地がいい。

なるほど、ワークスの名前は魅力だけどコスパでいえばRSのほうがいいような気がする。べつに攻めたりしないし。

で、ほぼRSに決めかけてたんだけどここで妹が話に乱入してきた。自分も欲しいと。
で、親に一台ずつ買うのは無駄だから二人で一台にしろ言われ、いつのまにやらハスラーを買うことになってしまった。
あるぇ~?

ということでハスラー JスタイルIIを契約してきた。
color5.jpg
正直全く想定外だったので、契約してから車のことを調べるありさまだった。

バイク乗りとしてはハスラーといわれるとスクランブラーをイメージするのだが、由来も多分そこから来てるのだろう。
二輪の名前を使いまわすところはホンダと同じだね。

で、このハスラー、スズキも予想外のヒット作だったようで流石に私も人気ってことぐらいは知ってた。
去年マイナーチェンジして、今のは2型にあたるらしい。
エネチャージがSエネチャージになって、レーダーブレーキサポートがデュアルカメラブレーキサポートに変わったとのこと。へー。
JスタイルIIはXグレードをベースにした特別仕様車らしい。

なんていうか、私は侮っていた。スズキを。
はっきりいってスズキはあまり好きなメーカーではなかったんだけど、今回いろいろと調べてスズキのことを見直した。
二輪は全然だめだけど四輪はかなり頑張ってると思った。
アルトの軽量化技術みたいな基礎的な部分もそうだけど、それ以外の先進装備みたいなところでも積極的なんだよね。
その辺はまた記事にしようと思う。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ビート復活?

最近ビートが復活するとかで賑わってますね
知らない人のために言うとビートは昔あったホンダの軽オープンカーです。

株主総会でホンダ社長が「ビートのような手軽なスポーツモデルを開発している」と発言したらしいです。
ビート復活は昔から言われてたけど、ようやく本腰入れて作る気になったということでしょうか。
NSXみたいに途中で開発中止とかは勘弁してくださいよホンダさん(NSX自体は興味なかったからどうでもいいんだけど)

しかしまぁまだ噂段階で具体的な事は何も分かってないみたいです

もし一部で言われているCR-Zのオープンモデルみたいなやつだったらガッカリだなぁ。それってビートじゃなくてデルソルだろと言ってやりたい。
もしそんなんだったら間違いなくロードスターのほうがいい。次期ロードスターはダウンサイズするという噂ですし。

勝負するならやはりコペンとでしょう。MRレイアウトなら値段次第で勝てると思います。まぁコペンはもう退場しそうな雰囲気ですが。

やはり軽規格は譲れないですね。セカンドカー需要を考えても軽のほうが有利でしょう(世界市場的にはどうだかわかりませんが)
あと出来ればターボが欲しい。最近のは安全装備・快適装備でどうしても重くなっちゃいますからね。少しでもパワーは欲しいところ。
オープンは・・・個人的にはなくてもいい。まぁ現実的にはRHTあたりがいいかな。
DCTとかつけてくれたら最高ですね。四輪でMTは面倒なんで乗りたくないし。かといってスポーツモデルにCVTはちょっと・・・って感じですし。二輪の技術応用して作れないのかしら?

で、ベースグレードで150万ぐらいでね。
さしあたり車は必要としていない私ですが(金もない)、これででたら買うかも。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

GRMN FRホットハッチ

先日記事にしたGRMN FRホットハッチがこれスキャン0001 - コピー
スキャン0001
もちろんベストカーの予想CGですが、結構かっこいい
でも名前はホットハッチだけど、これハッチバックなのか?w

全長×全幅×全高 出力 価格
3570 1695 1460  150PS 約150万
らしいです。なにが根拠になっているのかはわかりませんが。

でももし本当にこんな感じで出たら即買っちゃいますね
サイズが絶妙です
一回り小さく、1ランク価格の安いFT-86というかRX-8というか、そういうのが私の理想です
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
696位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
346位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
ブログランキング

FC2Blog Ranking


にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
RSSリンクの表示
楽天
楽天ランキング売れ筋商品