オタライダーの戯言 ゲーム

NieR:Automata ニーア:オートマタ

話題のニーアオートマタをクリアしました。
 
結論から言うとめっちゃ面白かった。
久しぶりに名作と呼べるゲームだったかも。

実はFF15を発売日に買って序盤で放り投げてからというもの、自分はもうゲームに興味がないのでは?と思ったりもしたものだがそういうわけではなかったようだ。

面白いものは面白いね。

FF15って世間的にはどういう評価なんだろう?個人的にはただドライブしてるだけのゲームという印象だったが。

まぁFFはおいといてニーアはアクション良し、雰囲気良し、音楽良し、ストーリー良し、キャラ良しと全方位隙ナシ!

アクションはプラチナ製だけあって流石だね。スタイリッシュだけど難しくはない。
というかかっこいいんですよ、動きが。いちいちかっこいい。
佇んでるだけでもかっこいい。多分プレイした人は分かると思う。2Bのただ立ってるだけのかっこよさといったら。

シナリオのテンポもよくて、適度に謎をちりばめつつテンポよく話が進んでいくのでサクサク進めちゃう。
周回プレイ前提なのでこれは嬉しいね。

1週目は敵を倒して終わり。
2週目は1週目と話は同じなんだけど主人公が変わって敵の機械生命体の心情が断片的にわかるようになるんだよね。同時にこの世界の秘密が半分ほど明かされる。
3週目は1・2週目の続き。続きなんだから3週目っていうのはおかしいけど。正直3週目はキツかったな。話が重い展開になっちゃって、その頃になると完全にキャラに感情移入しちゃってるから気持ちが引っ張られてこっちまで暗い気分になる。

そいで終わった後はすごい感傷的な気分になる。謎は解けたけど未来はなかったみたいね感じでさ。
それでもEエンドはまだ救いがありそうな終わり方だったからよかったけど。

本当にこのゲームはすごい心が揺さぶられる。
演出もあわせてものすごく雰囲気づくりがうまいと思う。

みんな機械なんだけど、みんなそれぞれ「心」を持ってるんですよ。
アンドロイド、機械生命体、ポッド。それぞれの心の持ち方は違くて、それゆえお互いすれ違ってしまうんだけど、共通しているのはみんな純粋だってこと。
ロボットゆえの純粋さがプレイヤーの心に突き刺さるんだよねー。

オープンワールド?にしてはMAPがかなり狭いけど、個人的にはこれぐらいでちょうどいいと思った。

このゲームは絶対プレイしたほうがいい。
PS4タイトルとしては自分のなかではMGS5を抜いて一位です、はい。
スポンサーサイト

テーマ : ゲーム
ジャンル : ゲーム

艦これ 2015 夏イベ その3





E-6は連合艦隊。しかも難関MAPで資源がキツイ。それでいて丙では翔鶴型改二に必要といわれているカタパルトが手に入らないので、仕方なく乙で攻略。こことE-7で風雲がドロップするが、ここで掘ってたら資源が吹っ飛ぶので風雲は諦めるつもりだった。が、Mマスでもドロップするときいて未練がましくMを通るルートで攻略開始(Mルートすこし敵が手強い)。そしたらなんと攻略中にGET。嬉しかったね。
何間言われるだけあって何度となく道中撤退やボス旗艦仕留められずといったことを繰り返したがなんとか攻略した。



E-7。史上最難関といわれるだけあって丙でもキッツイ。このMAPはギミックがあって特定のマスの敵を撃破することによってボスにダメージが通りやすくなる。逆に言えばこれをやらないとまともにダメージが通らない。クソ面倒くさい仕様だった。こんな仕様はこれっきりにして欲しい。なんとか攻略。大和型を使おうと思ってたのにうっかり忘れて温存してしまった。こういうときに使わずどこで使うのやら…


期間もまだあるし、せっかくなので海風も掘る。そしたらなんと二週目でGET。なんという幸運。私はイベントのドロップ運は非常によく、毎回さほど苦労せず新規艦を手に入れている。ありがたい話である。

以上、夏イベでした。なんか期間が延長されたみたいなのでもっと気長にやっても良かったなぁ、なんて。今回は大規模かつ高難度でしたが備蓄がたんまりあったので終わってみれば余裕でした。甲にこだわってたらやばかったかもわかりませんが、ストレス抱えてまでゲームしても仕方ないので個人的には満足な結果です。

艦これ 2015 夏イベ その2





E-3です。ここで新規艦の瑞穂がでます。報酬(たしか大和型のレーダー)欲しさに乙で攻略しましたが、乙でもキツイ難関MAPでした。その関係上、攻略する前に丙で瑞穂堀をしてます。連合艦隊で出費がきつい(特にボーキ)ので早めに出てくれてほっとしました。新規艦の中でも瑞穂だけは絶対に欲しかったので。


E-4は海風がドロップするので丙で攻略してあとで堀に来る算段。ボスはやや手強いもののわりかしスムーズに攻略。雪風が二隻もドロップするも欲しいのは海風なんだ。すまない。

E-5はオアシスと言われているだけあって簡単にクリア。特に感想はない。

艦これ 2015 夏イベ その1

いやぁ夏も終わりますねぇ。
夏休みもない私は家で艦これしてただけですよ。二十台の夏がまたこうして無為に消費されてしまった。

当ブログ初の試みとしてツイートをブログに載っけてみる。
というわけで艦これ2015夏イベの状況でも振り返ってみよう。

イベ開始が8/10なので翌日にはじめてますね。
イベントは情報戦なので当日その日に開始することは私はないです。出撃制限とかあるので、ある程度情報で出てからはじめます。
今回はお札ありまくりだったので慎重に行きました。


流石に最初のMAPだけあって軽くクリアしてます。菊月がいればルート固定できます。難易度は甲でした。
攻略途中で時津風をドロップしてますね。陽炎型のレア駆逐はいまだに持ってないのがいくつかあるのです。


E-2甲です。バケツは結構使いましたが割とスムーズに攻略してますね。重巡を大量に使ってますが重巡は改二艦が多いのでみんなある程度レベリングされてました。
そしていきなりの雲龍ドロップです。もう持ってますが結構なレア艦なので一応取っておいてます。

CHAOS;CHILD (カオスチャイルド)

CHAOS;CHILD (カオスチャイルド) やってみた。
 


あのシュタインズゲートの系列作ですね。実際にはカオスヘッドの続編ですが。
すでにXBOXでは出ていて評判がいいのも知っていたんですが、箱なんて持ってないのでPS4で出るまで待ってました。
ちなみに私はチャイルドをプレイ後にヘッドもプレイしました。

感想(ネタバレ注意)
なるほど確かに面白い。巷ではシュタインズゲートとどっちが上かとよく比較されてますが、それもうなずけますね。
グロ要素強めなので、そこだけ注意。あの結衣のシーンは衝撃を受けました。
いわゆるミステリサスペンスな感じで進んでいって最後のほうは陰謀論が出てくる流れです。

世莉架はいい味出してましたね。中の人の演技がいい感じ。声色スゲー変わるんだもん。ゾクゾクした。
でも何考えてるんかわからないキャラだったんで、感情移入するのが難しかったのがメインヒロイン?としては欠点かな。

来栖ルートは素晴らしい展開でした。個人的にメインルートに匹敵するぐらい良かったと思う。個別ルートの中ではぶっちぎりで一番。来栖の謎は序盤からちょこちょこと伏線が出てたんで、それを回収していく流れも素晴らしかった。

あとのルートはまぁ、それなりって感じ。オマケ程度かな。こんな事言うと叩かれそうだけど。

で、メインルートだけどちょっとゴリ押し感はあったものの総じて凄くよかったと思う。
もうちょい伏線の張り方がうまかったら言うことなしだった。伏線、張ってはあるんだけどさりげなさ過ぎてちょっと物足りなかったかも。泉理の正体みたいにもっと露骨に伏線張っていって欲しかったな。
それと華とうきはメインルートではほぼ能力を使うことがないので、それももったいない要因だと思いました。この二人の能力がメインルートでも活用されていれば、個別ルートもまた評価が変わったかもしれないんですが。

どのキャラクターにも「恐怖の演出」がなされているんですよね。いいやつかと思いきや実は黒幕。黒幕かと思いきや実は味方。そんなやつばっかりです。でもそれが話を引き締めてますね。
このゲームボリュームが凄いんですが、そういうのってどうしても中だるみしがちになっちゃうわけです。でも新しく登場するキャラがみんな怪しいんですよ。こいつ一体何者なのっていう、そういう登場の仕方をするんです。で、そういうやつらと交流していってようやくキャラが掴めてきたってところで、今度は初期からつるんでいた仲間の秘密が暴かれたりする。そうやって常にプレイヤーを飽きさせないような展開になっている。このへんは良く出来てると思いました。

システム部分はマップに写真張ったりとかありましたが、正直たいしたもんでもないですね。ヒント出しすぎてて推理するというより選択肢を選ばされている感じが強かったかも。むしろ周回プレイでは面倒と感じる部分が多かった。


シュタゲと比べてどうなのか
ひとつの作品としてみればシュタゲのほうが上かなと思います。シュタゲはこれ以上ないってかたちで終わりましたから。
逆にカオチャはまだ続きがありそうな、含みを持たせた終わらせ方だったので、続編の出来次第でまた評価が変わる作品だと思います。というか続編希望。

カオヘと比べてどうなのか
カオヘよりもカオチャのほうがキャラの描写の仕方が格段にいいですね。カオヘは基本的に主人公は単独行動で、ほかのキャラは得体が知れないやつばっかりなうえにあまり交流しないまま進むので、そのキャラの裏の顔が判明してもあんまり驚かないんですよね。衝撃が少ないというか。
カオチャは他キャラとの交流が多い分、インパクトのあるシーンが多かったと思います。


続編を待ち望む
TRUEルートがすこし駆け足だったこともあり、若干消化不良なとこがあったので是非とも続編が欲しいですね。澪もまだ謎の残るキャラですし、澪を主軸に委員会とがっつり戦っていくような、そんな感じの続編が見てみたいかも。
プロフィール

クネジツノ

Author:クネジツノ
神奈川在住
趣味はゲーム
CBR250RからヤマハMT-07に乗り換えました。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Amazonアフィリエイト
フリーエリア
Twitter
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
786位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
369位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2Blog Ranking


にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
RSSリンクの表示
楽天ランキング売れ筋商品
楽天