FC2ブログ

固定表示スペース

お知らせなどをブログのトップページに表示できます。
以下、サンプルの文章です。当テンプレート使用時に削除可能です

当テンプレートは、検索エンジンのみならず、長文を書く人と読む人の両方にも最適化して設計されています。クラスの付け替えでかんたんにカスタムできます。左に表示されている指マークなどの装飾も利用できます。

ちょこっと試してみよう!

当テンプレートでは、HTMLをほんの少し編集するだけで、下のボタンで切り替えられることはすぐにできます。その説明や方法をテンプレート内や作者サイトに記載しています。下のボタンは機能のほんの一例です。

サンプルエフェクト用JavaScriptを読み込んでいると、ここにお試しボタンが生成されます。ブラウザで閲覧している時に反映されるのであって、HTML編集時には変化ありません。
楽天バナー

MT-07のタイヤ交換

新車で買って五年半。実に24000kmを走り、いい加減タイヤを交換しないとマズイことになった。

DSC_0122.jpg DSC_0123.jpg
左がリア 右がフロント

あれっ、もうちょいイケるのでは? と思うかもしれない。
確かにスリップサインにはまだ達していなかった。特にリアはまだ持ちこたえられそうに見える。
だが、もうグリップがなかった。

交差点で普通に曲がるときでさえあのヒヤッとする感覚がでた。わかるだろうか?
滑ったわけではないんだけど、なんか怖い。滑りそうな気がする、なんか安心できない、あの感覚である。

流石に怖いので交換することにした。
リアも一回パンク修理してるしな。

にしても持ちすぎじゃないか?
大型のタイヤってもっとライフ短い印象だったんだけど、と思って調べたら中には1万km未満で交換してる人もいた。
タイヤのライフって乗り方で倍以上の差が出るものなんだねぇ。

ナップスと2りんかんを見てきたが、まあ価格は大して変わらない。家から近い2りんかんでいいか。

通勤でしか使わないので、安いのでいい。
MT-07のタイヤサイズは前120の後180という定番サイズなので、安くセット売りされているのが助かる。
セット売りされているものの中でなにがいいのか、店員を捕まえ色々聞いてみた。

まず最初に勧められたのがブリヂストンBT-023。つまり同じタイヤ。
バランスがいいみたいなことを言っていたが、同じタイヤじゃつまらないので却下。
まあ、厳密にいうと純正装着のタイヤと店売りのタイヤは同じ銘柄でも違うものらしいけどね。
ちなみに29800円だった。

同じくBSのRS100は、ワンランクグレードアップしていいのでは、と言われたがお値段34800円。うーん。
惹かれるものはあったが、もう一種類ぐらい安いの試してからでもいいんじゃないかなぁ、と思い却下。
まあ私の使い方だと次の機会はもうないかもしれないが。

安かったのがメッラー。
ロードテック01がなんと24800円。製造日が古いらしいが、屋内保管なら大して問題ない。
と思ったのだが、サイズが190しかなく断念。

ダンロップはクオリファイア2が27800円。
ライフは短くなるがグリップは上がるとのこと。
そもそもライフ持ちすぎて経年劣化が先に来てしまった私としては、これでいいのでは、と思ったのだがどうも店員さんはあんまり勧めてこない。設計が古いとかなんとか。
うーん。

同じくダンロップのロードスマート2も29800円だったが、これも勧めてこない。
この店員さんはダンロップ嫌いなのかもしれない。
私も特別好きってわけでもないが。

で最後にピレリのエンジェルST。29800円。
BT-023と比べ、ライフは若干短くなる。倒し込みは軽くなる、とのこと。
積極的に勧めてくるほどではなかったが、ダンロップのような拒否反応はなかった。

最終的にクオリファイア2とエンジェルSTで悩んだが、店員さんがピレリを推してくるのでそれを信じてエンジェルSTにした。
私は店員の意見は結構重視するタイプ。
私自身、同じような仕事してるからかもしれない。

諸費用6000円ほど。総額4万円ほど。

DSC_0125.jpg DSC_0124.jpg

引取りのとき、作業した人に
「タイヤ、かなり硬くなってましたよ。これで怖くなかったですか?」
と言われる。
やっぱりかなり硬化が進んでいた様子。
まあ交差点を曲がるだけでもわかるぐらいだから、そりゃそうだろうな。
ライフが持ちすぎるのも考え物だ。

乗ってみると、なんかふらふらする。
このタイヤは直進性が悪くなって傾けるのが軽くなるという話だったが、たぶんソレだろう。
だが、しばらくしたら慣れて気にならなくなった。そんなものか。

当然ながらグリップ力は回復した。
もう全然違う。銘柄とかではなく、単に新しいタイヤだからだろう。
こんなに違うならさっさと換えておけばよかった。

5年たったら溝が残ってても安いのでもいいからさっさと交換したほうがいい、というのがよく分かった。
タイヤ違うと全然違うね、ほんと。
スポンサーサイト



(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

USB電源とスマートフォンホルダー

前々からつけようと思ってパーツだけ買って放置していたが、ようやくつけたので記事にしてみる。

MT-07はアクセサリー電源が2つ存在する。
一つはリアシート下。もう一つはタンク左側。
リアシート下はETCで使ってしまっているので、今回はタンク側を使う。
DSC_0108.jpg

そのためタンクカバーを外すのだが、その前にシートを外す必要がある。
外したらタンクの黒い樹脂パーツのボルトを外す。シート側にスライドさせて上に持ち上げると外せる。
DSC_0110.jpg

ボルトとプッシュリベットを外したら、カバーをバコっと手前に外す。
DSC_0107.jpg DSC_0109.jpg DSC_0108 (1)

外すとACC電源にアクセスできる
DSC_0101.jpg
ちなみにコネクターはビニールテープで固定されたフタ?に嵌っているので、一見しただけだと判りづらい。
写真はフタから外した状態。

コネクタは住友電装のFRS2Pというのが使える。使うUSB電源はデイトナ バイク専用電源 5V/2.1A USB×1 93039
 

ここで一つ注意!
MT-07のタンク脇のACC電源は「2A」までです!

最近のスマホとかは急速充電やらで2Aを超える電流を流すものもあるので、下手にシガーソケットとかつけるとヒューズ飛びます!
ここの電源はUSB一口程度にしておいたほうが無難でしょう……
上のデイトナ電源も2.1Aなのでギリギリです。

こんな感じ
DSC_0105.jpg
このUSB電源は二分割式になっているので、さらにここから接続する形にした。
これなら普段はUSBを付けておかないで済むし、必要な時はタンクカバーを外さずに取り付けることが出来る。
USBつけっぱなしだと、どうしても劣化が気になるので、いい感じだ。

ただ、MT-07のハンドル周りはこのUSB一口ですら付けられないので、ミラーのネジにかませるクランプバーをつけて、そこにUSBとスマホホルダーを装着した。

スマホホルダーはこれと同じもの。これがいろんなところから出ているようだが、多分作っているところは全部一緒。シリコンバンドはバイクなら必須なので用意したほうがいい。
特別優れているとも思わないが、金属製で、構造がシンプルで、簡単に付け外しが出来るなら何でもいいと思う。

ちなみにアマゾンで一番人気のデイトナ(ミノウラ製)は個人的にあまりお勧めしない。

自転車用のミノウラ製(デイトナとほとんど同じ)を何回か自転車につけたことがあるが、構造がやたら複雑でつけにくいうえに樹脂製なのも相まって壊れやすく、そのくせ価格は高いという正直全くいいところがないホルダーだと思う。

というわけで完成
DSC_0118.jpg
普段はクランプバーごと外しておいて、使うときだけつける。結局これが一番いいという結論に至った。

つけっぱなしにするとやっぱり壊れる。ホルダーにしてもUSBにしても。
面倒でも普段は外しておいたほうがいいし、そのためにも付け外しが簡単なものを選ぶのがおすすめ。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

東京モーターショー2019 ホンダ・ダイハツ+おまけ編

ホンダはやっぱり新型フィット!
HONDA_NEW_FIT_4-20191023102603.jpg

これは売れる!間違いない!
……価格がまともならね。

デザインは三代目よりは二代目や初代に原点回帰した、というよりむしろフィットの前身であるロゴまで先祖返りした感がありますね、これは。
正直、こっちのほうがフィットらしくていいと思う。
写真をはじめて見たときは微妙かなと思ったけど、実物は良かったです。
プレーンというかクセがない。
フィットは中身で勝負する車だと思っているので、外見はこういう無難な感じのほうが合ってると思う。

反面インパネは未来的。
HONDA_NEW_FIT_6-20191023102604.jpg
フラットなダッシュボードにフル液晶メーターは、新しさを感じさせます。かなり好み。

機能としては、電動パーキングブレーキ、渋滞対応ACC、ホンダコネクト、2モーターハイブリッドあたりが目玉か。
勝ったな(確信)
ガソリンモデルもあるみたいだけど、本命は間違いなくハイブリッドでしょう。
これは従来のコンパクトカーとは世代が違うといってもいいレベルですよ!

ただ、問題は価格なんですよね……
発表はされていないけど、安くなる要素がどこにもないからね。
三代目だって結構高いのに、それ以上になったら……

ちなみにベーシック、ホーム、リュクス、ネス、クロスターの五つのタイプが存在する。
ベーシックは見劣りするし、リュクスはやりすぎ感がある。ネスとクロスターはややニッチ向け。
ということで個人的にはホームが一番売れると見たね。
私が選ぶとしてもホームだわ。

あとはガソリンモデルのエンジンに何が採用されるか、かなぁ。
1.5VTECターボが採用されれば……、いや無理か。1リッターVTECターボすら採用されるか怪しいしなぁ。
もしRSグレードが追加されることがあればワンチャンあるかも?うーん……

二輪はCT125でしょう!
P1010171.jpg
まさかのハンターカブ復活!!これは熱い!!
クロスカブでは物足りなかったので、これはドンピシャですわ。
灯火類はLED化され、前後ディスクブレーキも採用で、中身はしっかり現代バイクなのも素晴らしい。
リアシートないのにステップがあるのは部品を流用したからだとか。
発売は決まってないみたいだけど、これは出てほしい。
というかモンキー125と同じ感じで普通に発売されそうだ。

ダイハツの目玉はコンパクトSUV。
1467703.jpg
名前は「ロッキー」になるとか。トヨタ版は「ライズ」とのこと。
あのね、普通にカッコいいの。
もともとはあまり興味なかったんだけど、実物見て惚れた。これいいじゃんって。
エンジンは1リッターターボ。悪くない。
スズキ クロスビーのライバルになると思われるが、ハスラー乗りの私でもこれなら断然ロッキーのほうが好み。

これ、普通に購入候補だなぁ……


最後にトヨタのヤリス
P1010188.jpg
これは会場内ではなく青梅会場に隣接するヴィーナスフォートに展示されている。
普通に会場に展示すればいいのにね。よくわからん。

写真では結構いいな思っていたが、実物はちょっと安っぽかったかな?
リアが狭そうとは思った。実際はヴィッツとほとんど変わらないんだろうけど。
悪くはないと思うけど、イキった顔してるし大ヒットまで行くかどうか……
全チャンネルで販売するらしいので、販売数自体は増えるだろうけど。

フィットとヤリスならフィットを選ぶね。同じ価格帯なら。

ヤリスはGRに期待だなぁー
でもGRって高いわりにエンジンは変わらなかったりするからコスパ微妙に感じるんよねぇ
1.5にターボつけて200万ぐらいにならないかしら。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

東京モーターショー2019 スズキ・カワサキ編

スズキブース
一番注目はやはりハスラーコンセプトか

コンセプトとはいえ、次期ハスラーほぼこのまま出るでしょう。
私のハスラーもこれで旧式かぁ……
P1010169.jpg

デザインはキープコンセプトで、まあハスラーだねってデザイン。
より四角く武骨な感じになってるところを見ると、ジムニーに寄せてきたかなという印象。
ジムニー人気だもんね。

img_cbc471d715577cc1d0e07b62029f1d7b258167.jpg

インテリアがオモチャっぽくてあんまり好みではないけど、エクステリアはかなり好印象。
中身はさほどの進化はしてないっぽいけど、まあ軽なんてどれも大して変わんないしね。
これは売れる。間違いない。
私の購入候補には入らないけど、一般受けはかなりいいと見たね。

二輪だとジクサー250
P1010168.jpg

まさかの油冷復活。
でもこのデザインで、シングルエンジンは似合ってないと思うんだよなぁ。
スズキの最近の250はどれも微妙……
国内だとCB250Rが直接のライバルになるんだろうけど、正直言って同じ価格なら迷わずCB選ぶね。
でもコレ、多分安いです。45万ぐらいで出たらワンチャンあるかも。

ただこのエンジン自体はかなりイイと思う。
P1010167.jpg P1010166.jpg
完全新設計で、写真見たらわかるけど超コンパクト。
SOHCだからヘッドがめちゃ小さいし、燃費も38.5km/Lでかなり良好。
もちろん重量も軽いことだろう。
これで26.5馬力なら、上々でしょう。
ボルティのようなレトロ系、もしくはオフ車あたりに搭載してくれたらかなりトキメキそう。
今後の展開に期待したい。

カワサキZX-25R
P1010175.jpg
まさかの250cc四気筒エンジン復活とはね。
上のスズキ油冷とはまさに対極にあるようなエンジン。ああ、こういうことがあるから面白いよなぁ、モーターショー。
具体的なスペックは未発表。
まあ二気筒より下ってことはないだろう。
バイクは自主規制なくなったんだっけ? なら、40馬力は超えるでしょう。
まさかの45馬力超えもあるかも。夢が広がる。

でもって車体価格はかなり高くなりそう……
もうね、装備がヤバイ。
完全にスーパースポーツの装備。
トラコンとかクイックシフターがついてる。
前サスもショーワのSFF-BPらしいし、ブレーキキャリパーがラジアルマウントって……
フレームやスイングアームはスチールみたいだけど、形状がかなり凝ってる。
サイレンサーもショートタイプでめちゃ好み。

性能はCBR250RR以上、もちろん価格も上だろう。
となると80万は超えて90万で収まるかどうか……
流石に100万はいかないと思うが……、いかないよな?

でも案外売れるかもしれん。
CBR250RRだって250としてはかなり高価だけど結構売れてるし、これも売れるんじゃないかなと。
というかCBRから乗り換えるやつ、結構いるのでは?
あのCBRが霞むようなマシンが出てくるとは恐れ入る。

でもなー、スーパースポーツってこうやって新型が出ると陳腐化しちゃうのが嫌なんだよなー
それもあってSSって私の購入候補には入らないんだよね。
バイクはシンプルなもののほうが陳腐化しにくくていいと思う。これは私の持論だけど。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

東京モーターショー2019

さあ、行ってきました東京モーターショー2019
今回は興味のある車両が多いので楽しみ!

今回はバイクで行ってきました。
車はやめたほうがいいです。平日でも駐車場満車です。駐車料金も結構かかるし。
バイクなら12時過ぎでも普通に停められました。しかも300円。安い!
DSC_0114.jpg DSC_0113.jpg


場所はこちらの「東棟屋外臨時」です
arregw.gif
会場までちょっと歩くのが難だけど、まーそれは電車で来ても駅から歩くことには変わらないし……

今回はオリンピックのせいでビッグサイトの「東展示棟」が使えないせいで、かわりに「青梅展示棟」との二つの会場に分散されてしまいました。
正直、オリンピックってあまり興味ないので迷惑というか……
今もマラソンが札幌開催になって、金はどこが出すのかで揉めてるし……
まあ、それはいいや。
DSC_0115.jpg

昼食はせっかくなので西展示棟 屋上展示場で開催されている屋台(グルメキングダム)で飲めるハンバーグというの食べてみた。1200円。
DSC_0116.jpg DSC_0117.jpg
うん、まあ飲めるは言いすぎだな。要はシャバシャバしたハンバーグだ。
いや、それなりにおいしいよ?
1200円は……、観光地価格だな。

ビッグサイトと青梅はシャトルバスでいけるが、30分以上待つのはデフォと思われる。
電車で移動してもいいが、オープンロードを歩いても30分程度なので歩いたほうが早い。
02.jpg
道中、いろんな車やバイクが置いてあるので、そんなに退屈しないぞ。

青梅からさらに少し歩いてダイバーシティまで行くと、ユニコーンガンダムが見れる。
実物大ガンダムってこんなところにあったのか。
お台場が有明の隣だということを今回初めて知ったよ。マジで知らなかった。
P1010191.jpg
正直、予想以上にデカいと思ったし予想以上にクオリティ高かった。
コレ、変形するんだよな……確か。
見てみたいなぁ……
あー、ユニコーンのガンプラ買おうかなぁ。

さて、今回はとにかく歩き回ったので疲れた……
家族連れには厳しいのでは?
やっぱり二会場開催はちょっときついッス。
これなら昔みたいに幕張メッセでやってくれたほうがよかったな。幕張はちょっと遠いけど。

家からバイクで下道オンリーで100分ぐらい。やっぱりMT-07のクラッチ重いなぁ、左手痛くなっちゃった。
アシストスリッパー搭載してほしいナァ……
なんかETCが動いてなくて(故障?)下道で行ったんだよね。まあ所要時間30分も変わらないし、片道1500円もかかるからETC使えたとしても高速乗ったかどうかは微妙だけど。

肝心のショーについては別記事で
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
933位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
469位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
ブログランキング

FC2Blog Ranking


にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
RSSリンクの表示
楽天
楽天ランキング売れ筋商品